子なし夫婦が幸せを感じる瞬間とは?子なしの割合・メリットを紹介

自ら子どもを持たないことを選択する「子なし夫婦」が少しずつ増えているようです。この記事では、子あり夫婦との違いや、子なし夫婦ならではの悩み、子どもを作らないことで得られるメリットなどをご紹介します。将来子供はどうしよう?と悩んでいる人はは、ぜひ参考にしてください。

  • 子なし夫婦が増えてきてるってホント?

    愛する人との結婚は、人生で最も幸せを感じる瞬間ですよね。そして、多くの人が結婚の次に考えるのは、子供のことではないでしょうか。

    愛する人と家族になり、子孫を繋いでいくという考えが、日本ではまだまだ当たり前になっていますよね。しかし最近では、あえて「子なし」を選択した夫婦も少しずつ増えてきているようです。

    子供を望んだけれど授からなかった、最初から子供を作るつもりが無かったなど、子なし夫婦を選択した理由はそれぞれ異なります。この記事では、そんな子なし夫婦の実情について詳しくまとめてみました。

    子なし夫婦の割合


    まずは日本における子なし夫婦の割合ですが、日本では1977年で全体の3%ほどでしたが、2015年には約6%と増加傾向にあります。

    子供を欲していないカップルの中には、籍をいれずに事実婚状態の人もたくさんいますし 、数字だけでは分からない事も多くありますが、 子なしを自ら選択したか、欲しくても授からなかった夫婦が少しずつ増えていると言っていいでしょう。

    また、女性の社会進出や価値観の多様化により、結婚したら子供を作るのが当然だという固定概念が少しずつ崩れてきて、「子なし」を選択しやすい社会になりつつあるのかもしれません。

    海外の子なし夫婦について


    アメリカでは、日本よりも養子を迎える文化が発達しています。ハリウッド女優の中には、自分の血の繋がった子供と養子を一緒に育てている人もいますよね。

    アメリカでは不妊症の場合でも「子なし夫婦」を選択するのではなく、養子を迎える選択をする夫婦が多くいるのでしょう。

    またお隣の国、韓国でも最近では「子なし」を選択する夫婦が増えてきているのだそう。妻が専業主婦ではなく共働きで、所得額が増えていけばいくほど、子なし夫婦の割合も増加していくとのこと。

    所得が多いからといって子供もたくさん産めるという考えは、もう古いのかもしれませんね。
  • 「子なし夫婦」を選択する理由

    次は、自ら「子なし夫婦」を選択した理由について解説していきます。それぞれ夫婦によって理由は様々ですが、ここでは「子供が欲しくても恵まれなかった」という理由以外で、多かったものをご紹介していきます。

    子供が苦手


    子供が好きな人もいれば、苦手な人がいるのも当然です。ただでさえ苦手なのに自分の子供を作ってしまえば、毎日かなりのストレスを感じてしまうことになります。そうなってしまえば、親はもちろん子供にも悪影響を及ぼします。

    苦手な子供を作って愛情を注げない親になってしまったり、虐待をしてしまう可能性が少しでもあるのなら、最初から子なし夫婦を選択する事は正しい決断であると言えるかもしれません。

    お金、時間を自由に使いたい


    子供を育てるには、お金と時間が必要になります。子供を大学まで通わせるとなると、1,000万円以上の費用がかかることになります。また、私立の学校に通わせたり習い事をさせたりすると、さらに費用が上がるでしょう。

    また、お金と共に奪われるのは時間です。子供が幼い頃には四六時中面倒を見なくてはなりませんし、小学校にあがったとしても、行事などで時間を奪われる事は多いでしょう。

    限られた時間やお金を子供のためでなく自分のために使いたいという意見は、共働きかそうでないかに関係なく、子なし夫婦に全体的に多い意見のようです。

    ちゃんとした親になれる自信がない


    親が子供の人生を決めるといっても過言ではありません。幼い頃の教育は、人格や性格を決める大きな要因となりますので、子供が幼ければ幼いほど、親の責任は重くなってきます。日本では特に「完璧ママ」が求められる傾向が強く、女性の負担も重いです。

    また、周囲にいる「完璧な」父親や母親を見てさらに自信がなくなってしまった人や、自分自身が親から愛されて育った実感がないため、どのように愛せばいいのか分からないと悩んでいる人も、子なし夫婦を選択する傾向が強いでしょう。

    仕事を辞めたくない


    これは特に女性に多い理由です。日本ではまだまだ育児は女性がするものという考えが強くありますし、子供が産まれたとしても、男性はそのまま仕事を続けられますが、女性は育児休暇を取るか退職するか、どちらかの選択を迫られるケースがとても多いです。

    育児休暇を取ったとしても、復職したときに自分のポストが誰かに奪われている可能性もゼロではありません。やりがいのある仕事をしている人や、自分の夢を叶えた人など、仕事が充実してる人が子なし夫婦を選択するのも珍しくはありません。