「月が綺麗ですね」は告白の言葉?意味と上手な返し方を徹底解説!

夜空の月を見上げて、「月が綺麗ですね」と言われたら、それだけでロマンチックと感じてしまいます。この「月が綺麗ですね」には、月に対する印象ばかりではなく、愛の意味が込められているのです。「月が綺麗ですね」に込められた意味、上手な返し方を解説していきます!

  • 「月が綺麗ですね」って何?どういう意味?

    異性と一緒にいる時に、「月が綺麗ですね」と言われたことはありますか?「月が綺麗ですね」と言われたら、ほとんどん人は、単純に月が輝いていて美しいと言っているのだろうと思ってしまうでしょう。しかし、実はこの言葉には隠された別の意味があるのです。

    今回は「月が綺麗ですね」の持つ意味についてご紹介していきます。文学的な要素を含みますので、通常の恋愛に古風なロマンを取り入れてみたい人は、是非ここで学んでみましょう。

    この意味を知っておくことで、何気なく「月が綺麗ですね」と言って相手に誤解されることもなくなります。返し方に悩んでしまう人もいるでしょうから、併せて覚えておくといいですね。

    「月が綺麗ですね」の意味


    「月が綺麗ですね」は、文字通り「月が輝いていて美しいですね」という意味である場合も多いですが、「愛しています」「好きです」と気持ちを伝える際の間接的な表現として用いられることがあります。ストレートな表現ではないぶん、奥ゆかしく、情緒溢れる愛のメッセージと言えるでしょう。

    由来は夏目漱石?


    かの有名な作家、夏目漱石が「I love you.」を「月が綺麗ですね」と訳した、と言われています。明治時代、作家でもあり英文学者でもあった漱石は、英語教師でもありました。その際、生徒が「I love you.」を「我君ヲ愛ス」と訳したところ、「日本人はそんな台詞を言わない。『月が綺麗ですね』とでも訳しなさい」と直したのが由来とのこと。

    漱石はもちろん英語が出来なかったわけではなく、当時の日本人の性格や奥ゆかしい恋心を踏まえて、訂正したのだと言われています。しかし、このエピソードが記された文献などはなく、あくまでも「そう言われている」というだけの話。それでも、当時の日本人は直接的表現を苦手としていたので、まるで詩のような「月が綺麗ですね」は愛の言葉として浸透したのでしょう。
  • 「月が綺麗ですね」に対する返事【OK編】

    「月が綺麗ですね」が愛を伝える言葉なら、その言葉に対して返事をしなければいけませんよね。もしも同じように愛しているのであれば、尚更でしょう。奥ゆかしさを感じる言葉に対して、「私も愛しています」なんて直接表現は無粋とも言えます。

    それでは、どのような返事なら、「月が綺麗ですね」と同じようにムードを大切にしながら気持ちを伝えられるのでしょう。使える台詞の一例をご紹介します。

    「死んでもいいわ」


    「死んでもいいわ」は、二葉亭四迷の訳したセリフとして有名です。ツルゲーネフの『片恋』を訳した四迷は、男性に告白された女性の返答として、この「死んでもいいわ」を当てています。これはもともと、ロシア語「ВаШа」(英語で言う「Yours」)を指していて、「私はあなたのもの」という意味です。しかし、四迷もまた、直接的表現を避けて「死んでもいいわ」と訳したと言われています。

    「月が綺麗ですね」「死んでもいいわ」と言葉を交わす二人の男女を想像してみてください。直接的な愛の言葉がなくても、ロマンチックで、燃えるような愛を感じられませんか?明治文学ならではの、粋な会話だとも言えますね。

    「月はずっときれいでしたよ」


    「月」を愛のモチーフとした言葉である「月は綺麗ですね」に対して、「月はずっと綺麗でしたよ」と応えるのも粋な返しと言えるでしょう。これは、月をお互いの愛の象徴として捉え、同じように気持ちを寄せている場合に使える言葉です。

    「月はずっと綺麗でしたよ」は、「私もずっと前から好きでした」と相手と同じ気持ちであることを示しています。月を見ながら、お互いに同じ想いを寄せていることを確かめ合うのに適した言葉と言えるでしょう。

    「ずっと見ていたいです」


    「月が綺麗ですね」が愛の告白を意味しているのであれば、その月を一緒になって見ていたいという言葉も、OKの返事として適しています。「ずっと見ていたいです」とは、ずっと一緒に同じ月を見ていたいという解釈が出来るのです。

    それはつまり「ずっと一緒にいたい」ということ。「月が綺麗ですね」を口にする相手であれば、「私も愛しています」という意味だと察してくれるでしょう。これもまた、奥ゆかしさを持ちつつ、しとやかな愛の言葉となっています。

    「あなたと見る月だから」


    自分の気持ちをなかなか口に出せない人は、「あなたと見る月だから」と返してみてはいかがでしょうか。「月が綺麗ですね」という相手の言葉を肯定した上で、一緒に見るからそう感じるのだと伝えられます。遠回しではあっても、かなりダイレクトに一緒にいる時間を嬉しく感じる気持ちが表現出来るでしょう。

    同じものを見て、同じ様に感動できる喜びは、愛している人との時間だからこそ感じるもの。恥ずかしくて、それを表現することが出来ない人でも、「あなたと見る月だから」と返せばしっかり伝わるはずです。