男性が「重い…」と感じる女友達からのプレゼント9パターン


誰からもらってもプレゼントは嬉しいものですが、関係性があいまいな間柄でのやり取りには配慮が必要。せっかくプレゼントしても、逆効果になる場合があるようです。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「男性が『重い…』と感じる女友達からのプレゼント9パターン」をご紹介します。

  • 【1】束縛されたような気になる「ペアのストラップ」

    「彼女でもないのにペアはちょっと…。特にストラップは目立つ」(10代男性)など、ペアを嫌がる男性は多いよう。彼女面をされたようで、図々しく感じるようです。サークルや同僚など大人数でのお揃いはアリですが、ペアはやめた方が無難でしょう。

  • 【2】関係性を一歩進められた気がする「手編みのマフラー」

    「重いプレゼントの定番。好きって告白されたみたいで重いよ」(10代男性)というように、男性は「手編み」から好意を深読みするよう。他人からも、「手編みのマフラー=彼女がいる男性」と見えてしまうので、都合が悪いのかもしれません。手編みでなければ喜ばれるでしょう。

  • 【3】身につけることが義務になりそうな「アクセサリー」

    「いつも身につけなきゃいけない気がして、荷が重い」(20代男性)という男性多数! 高価なうえ、趣味が直接反映されるので「ちょっとしたプレゼント」になりにくいようです。特に、指輪やネックレスなどレギュラー感のあるアクセサリーはやめた方が無難でしょう。

  • 【4】込められた想いが重い「手作りのお弁当」

    「同僚からもらったりしたら、会社で何を言われるか…」(20代男性)など、他人の目を心配する男性が多いよう。お弁当を作るのは、本来お母さんや奥さんの役目。友達にされると気が引けるのかもしれません。手作りのお菓子にしてはいかがでしょうか。

  • 【5】彼女色に染められそうで怖い「香水」

    「匂いモノはなんだか意味深。『あなたはこんな人間』と決め付けられたような気がする」(20代男性)など、香水はその人の印象を左右するため、慎重になる男性が多いようです。部屋で使うキャンドルやお香なら、喜んでくれるでしょう。

  • 【6】好意を深読みしてしまう「下着」

    「どういう意味でプレゼントしたのか謎。ギャグなのか、告白なのか悩んでしまう」(20代男性)というように、物がモノだけに物議を醸すプレゼントになるよう。値段的には適切でも男性を悩ませてしまうので、やめた方が無難でしょう。

  • 【7】高価なだけに気が引ける「ブランド物」

    「友達の間柄でそんなに高いものもらえないよ。お返しも大変」(20代男性)など、主に価格が男性の精神的負担になるよう。友達同士であれば、プレゼントは1万円以内が常識的。たとえその男性が欲しいアイテムでも、1万円以上であれば考え直した方がいいでしょう。

  • 【8】デートへの期待が伝わってくる「遊園地のペア券」

    「もらっておいて本人を誘わないわけにはいかないでしょ(苦笑)」(10代男性)というように、受け取った男性はデートへの期待感を感じ取り「やれやれ…」と思うよう。同じペア券でも、映画のペア券であれば、時間&価格的に男性の負担が少ないかもしれません。

  • 【9】同棲アピールされている感じがする「家電」

    「大物をもらったら、一緒に暮らそうって言われてるみたい」(20代男性)など、長い付き合いになるモノだけに、メッセージを深読みする男性が多いよう。洗濯機や冷蔵庫などのメイン家電は避け、加湿器や空気清浄機程度にしてはどうでしょうか。

プレゼントのせいで、ふたりの関係性がぎこちなくなったら大変です。ほかにも「こんなプレゼントはダメ」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)
Photo:All images by iStock