男性のテンションを上げるLINE送信のタイミング9パターン


男性にとって気になる女性からのLINEは基本的に嬉しいものですが、なかでも特に気分が盛り上がる!というタイミングも存在するようです。そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果を参考に、「男性のテンションを上げるLINE送信のタイミング9パターン」をご紹介します。

  • 【1】朝起きてすぐの「おはよう」LINE

    「1日のヤル気が出て、朝からバリバリ動ける。太陽がいつもより明るく感じます」(20代男性)など、つらい朝の時間に元気のいい「おはよう」LINEが届くと、男性のテンションは高まるようです。1日の予定や、「今日も頑張ろう!」などの一言を加えるとよさそうです。

  • 【2】夜寝る前の「おやすみ」LINE

    「相手の生活リズムがなんとなく想像できて親近感を覚える」(20代男性)のように、1日の終わりの挨拶をすることで、男性に自分のことを意識させるきっかけになるようです。ただし、あまりにも深夜のLINEは迷惑に思われるかもしれません。

  • 【3】学校や仕事が終わったときの「お疲れさま」LINE

    「仕事中は返事ができないので、終業後のLINEは、自分のことを気にかけてくれてるなぁと心底思う」(20代男性)など、相手の都合を見計らっての「お疲れさま」LINEは、忙しい男性に好印象を与えるようです。ダラダラ続くLINEを嫌うタイプに効果が高そうです。

  • 【4】予定がない休日前夜の「明日って何してる?」LINE

    「ひょっとして遊びの誘いかも?と俄然テンションが上がる」(10代男性)など、休日前夜の「お誘い」LINEは男性の期待感を高まらせるようです。ただし、休日に予定を詰め込むタイプの男性には、早い段階で連絡した方がよいでしょう。

  • 【5】落ち込んでいるときの「励まし」LINE

    「仕事で失敗した日の夜、同僚の女性から『元気出して』のLINEが届いた。その瞬間に復活!」(20代男性)など、気分が落ち込んでいる男性には、女性からの「励まし」が特効薬です。日ごろから男性の様子をよく観察しておくことで、適切なタイミングでLINEができるでしょう。

  • 【6】風邪を引いて寝こんでいるときの「お見舞い」LINE

    「一人暮らしの人間にとって病気は心細いので…」(20代男性)など、寝込んでいる男性にとって、女性からの「お見舞い」LINEはしみじみと嬉しいものです。相手がゆっくり休めるように、送る時間帯や回数には配慮しましょう。

  • 【7】女友達同士でいるときに送る「いま遊んでるよ」LINE

    「楽しそうな写真付きLINEが来るとほほえましい」(20代男性)のように、友人同士で楽しく過ごしている雰囲気を男性に伝えることで、間接的にほのかな好意が伝わるようです。仕事中の男性に送る際は、ハメを外しすぎないよう注意しましょう。

  • 【8】しばらく会っていない相手からの「不意打ち」LINE

    「久しぶりの相手からいきなり届くLINEはドキッとする」(10代男性)など、疎遠気味の男性ともさりげなく連絡できるのはLINEの利点です。相手の近況を聞きつつ、遊びに誘うといった継続的な関係につながるLINEを送るとよさそうです。

  • 【9】デートの前日の「楽しみで寝れないよ」LINE

    「絶対楽しませてやる!と気合が入る」(10代男性)など、ただでさえ気分が盛り上がるデート前夜にLINEであおることで、男性のテンションは最高潮に達するようです。これぞ!という相手に使うとよいでしょう。

簡単な内容のLINEでも、送るタイミング次第で、男性とより親密な関係を作るきっかけになるかもしれません。ほかにも「男性のテンションが上がる!」と感じたLINE送信のタイミングがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock