男性が激しく落ち込むデートの断り文句9パターン


草食系男子が増えている昨今、ある種の男性にとって女の子をデートに誘うというのは決死の覚悟が必要です。ケチョンケチョンに断られては、ショックから立ち直れない…。脈ナシを伝えるには最適ですが、使い方には注意したい断り文句。スゴレンの男性読者にうかがった最悪のセリフ9種類をピックアップしました。

  • 【1】「いろいろ忙しくて無理。」

    「理由がぼやっとし過ぎていて距離を感じた」(10代男性)というように、何の予定があって無理なのかという言及もなく、ただ「忙しい」と言われるとそれ以上に積極的にアプローチする気にもなれないようです。

  • 【2】「暇だけど嫌。」

    「そう言われたら望みゼロですよ」(20代男性)とのコメントにもあるように、忙しいならまだしも、たとえ暇だとしても行かないという、完全に男性の好意を断ち切ってしまう強烈なセリフのようです。

  • 【3】「他の人、誘えば?」(映画や食事など)

    「デートの誘いにすらしてくれない」(30代男性)というように、映画や食事を口実にデートに誘っているのに、言葉通りに受け取ってしまうパターンです。「それ、友達と行くから」「他の人も誘おうか?」「みんなと一緒に行きたいね」も同様にショックを与えるようです。

  • 【4】「なんで?」

    「デートの誘いに理由なんて必要なの?」(10代男性)とのご意見もあるように、「これにて会話終了!」という破壊力をもつセリフです。しつこい相手のタフさを見極めるには有効なセリフかもしれませんが…。

  • 【5】「他の男と遊びに行くから無理。」

    「自分がそいつに負けたような気分になる」(10代男性)と、ショックを受ける男性も多いようです。他の男性と遊びに行く事は実かもしれませんが、相手を不要に傷つけたくないなら「友達と飲みに行くから」くらいの表現にした方が良いかもしれません。

  • 【6】「雨が降ってるから嫌だ。」

    「他の人なら雨でもデートに行くんだろうなと思うと悔しい」(20代男性)とのコメントにもあるように、些細なことを理由に断られるとショックも大きい模様です。また、「寒いから嫌だ」「眠いから嫌だ」という断り文句もショックを与えるようです。

  • 【7】「ペットの散歩があるんだ。」

    「もっとマシな言い訳か、いっそストレートに『無理』って言ってもらった方が良かった」(20代男性)というように、適当すぎる言い訳はよりダメージも大きいようです。現実味のある言い訳を用意しておいた方が良さそうです。

  • 【8】「そこ、元カレと行ったことがあるからパス。」

    「俺なりに頑張って調べた結果のデートスポットだったのに…」(10代男性)というご意見にもあったように、男性にとって、元カレの存在は大きく立ちはだかるようです。できるだけ控えた方が良い表現でしょう。

  • 【9】「それって私にメリットあるの?」

    「メリットあるなしは関係あるのか?」(20代男性)というように、ビジネスライクに答える冷徹な断り文句です。メリットを直接聞き出すのではなく、自らのメリットを感じとるようにした方が良いでしょう。

相手を傷つけずにデートを断るのは難しいものですね。ほかにも「男性がショックを受けそうなデートの断り文句」がありましたら、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)
Photo:All images by iStock