デート中、男性が「やっぱり諦めよう・・・」と弱気になる瞬間9パターン


男性とデートをすると、緊張して普段通りに振る舞えないという人も多いのでは? ちょっとした言動のせいで男性の気持ちが離れていったとしたら、とてももったいない話です。男性に誤解を与えないためにも、今回は「デート中、男性が『やっぱり諦めよう・・・』と弱気になる瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】質問されないなど、自分に関心を示されなかったとき

    自分に関する質問が少ない場合、自分への関心度が低いと感じる男性もいるようです。デート中に相手から何も聞かれないと、「俺にまったく興味がない?」と感じて諦めてしまうことがあるようです。自分から話しかけるのが苦手だという女性は、男性から聞かれた質問を聞き返してみるなど、相手に関心があることを示してあげた方が良いでしょう。

  • 【2】「好みの男性」のタイプが、自分とかけ離れているとき

    デートの相手が何気なく語る「好みの男性」の話を、男性は本気で受け取る傾向があるようです。性格に関することは合わせようと思えますが、身長や学歴など、どうにもならないことを言われると「突き放された」と感じることがあるようです。相手をヘコませたくないなら、わざわざ相手と違う特徴を挙げるのは避けた方が良いでしょう。

  • 【3】趣味の話がことごとく合わないとき

    女性と趣味の話がまったく合わないと、「俺の話、面白くないのかな・・・」と自信をなくしてしまう男性もいるようです。男性が語る趣味の話が理解できなかったとしても、全否定は避けるべきです。「知らないけど、興味はある」と歩み寄る素振りを見せてあげると男性も安心できるでしょう。

  • 【4】距離をおいて歩かれたとき

    女性が選択した間合いの長さで気持ちを測る男性もいるようです。手が届かないほど離れて歩かれたり、エスカレーターに一段離れて乗られたりすると、自分が敬遠されていると感じてしまうようです。男性が距離を縮めようとしてきたときは、ある程度許してあげるなど、突き放してしまわないように注意が必要です。

  • 【5】女の子がやたらと早く帰りたがるとき

    女の子に帰りたがられると、デートという勝負に負けたと感じる男性もいるようです。帰りたいときは、「門限があるから」などの理由を告げると男性も安心できるはず。そわそわと時計を見てばかりでは、男性に「そんなにつまらないの?」と思われることもあると心得ておきましょう。

  • 【6】食事を奢ろうとしたら、ものすごい勢いで拒否されたとき

    食事を奢るという提案を頑なに拒まれると、「借りを作りたくない相手」として敬遠されていると感じる男性もいるようです。奢るという提案は、好意に関係なく男性が気軽に申し出ているだけの場合が多いので、素直に受け入れてお礼を言った方が好印象を残せるはずです。

  • 【7】「また会おうね」と言う前に「今度は皆で会いたいね」と言われたとき

    二人で会うことを避けるような発言にショックを受けるパターンです。せめて「二人だと緊張しちゃうから、ダブルデートとかだと嬉しいな」と言ってあげれば男性が傷つかずに済むでしょう。

  • 【8】気になる男性の話など、恋愛相談を受けたとき

    好きな女性から恋愛相談をされると、相手から「私のことは諦めて」と言われているような気分になる男性もいるようです。失恋トークならまだしも、進行形の片思いの話をされると「自分にチャンスはない」と感じてしまうようです。相手の男性に慰めてもらうつもりで言ったとしても、すれ違いが生じる可能性があるので注意が必要です。

  • 【9】次のデートの約束を「忙しい」などの理由で断られたとき

    次のデートの約束がなかなか決まらないと、「もう会いたくないのか」と解釈する男性もいるようです。本当に忙しいときも、「テストが終わったらまた遊ぼう」、「来月は暇になるから」など、また会う気持ちがあることを示してあげると良いでしょう。

改善できそうなことはありましたか? せっかくのデートですから、余計な誤解を与えないようにしたいところです。また、他にはデート中のどんな瞬間に男性は諦めたくなるのでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock