彼女に対して「好き」と言わなくなる理由9パターン


恋愛中の女性にとって、彼氏から「好き」と言われることはとても嬉しいプレゼントのひとつです。しかし、男性によってはなかなか「好き」と言わなかったり、付き合いが長くなるほど言う回数が減っていくために、不満に感じている女性も多いようです。では、男性はなぜ彼女に対して「好き」と言わなくなるのでしょうか? そこで今回は、スゴレン読者の男性へ向けた調査を参考に、「彼女に対して『好き』と言わなくなる理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「好き」と言うことが恥ずかしいから

    男性的な奥ゆかしさから、女性に「好き」と言うのを恥ずかしく感じているパターンです。多くの女性にとっては、「好き」という素直な気持ちを口にできないことは理解不能かもしれませんが、男性のなかには強い抵抗を覚える人が驚くほど多いようです。男性の性格にもよりますが、「彼が好きと言ってくれない」=「自分を愛していない」と単純に考えるのは間違いと言えるでしょう。

  • 【2】「好き」と言うタイミングが分からないから

    「好き」と言いたい気持ちはあるものの、適切なタイミングが分からず伝えられないパターンです。「自然なシチュエーションだと思い、勇気を出して言ったとき、彼女に『何を今更』と妙な顔をされた。それ以来言えなくなった」(20代男性)という意見のように、不器用な男性にとっては、自然に口に出すのが難しいセリフのようです。

  • 【3】言わなくとも理解してくれていると思うから

    言葉を交わさなくとも、気持ちは伝わると考えているパターンです。「そういう事を言わなくてもお互いに分かりあっていると思うから」(20代男性)、「以心伝心。言わなくても、伝わるものがあるはず」(30代男性)という意見のように、お互いの関係を特別以上のものだと感じている男性ほど、このように考える傾向があるのかもしれません。

  • 【4】「好き」は軽い気がするから

    「好き」という単語そのものに疑問を感じているパターンです。「彼女を“好き”なのは当たり前。それ以上の感情なので、“好き”とは言いません」(20代男性)、「愛しているけど、好きでは嘘っぽくなるから」(30代男性)という意見のように、ある程度の年齢になった男性は、「好き」という言葉に軽さや子供っぽさを感じ、避ける傾向にあるようです。

  • 【5】言葉よりも行動で示すべきと思うから

    「男らしさ」を大切にすることから、不言実行的な姿勢で彼女に接しているパターンです。「男だったら、言葉よりも行動でアピールすべきだと思うから」(20代男性)、「こっちが甘えたり、気を使わず接している様子から感じ取って欲しい」(30代男性)など、ポリシーをもって「好き」と言わない男性も少なからずいるようです。

  • 【6】言えば言うほど言葉の重みが減るから

    「好き」という言葉を大事にしているために、日常的には言わなくなるパターンです。「本当に大切なときだけ言えば良いと思うから」(20代男性)、「言えば言うほど、彼女が嬉しそうな顔をしなくなるから。あえて特別なときにだけ解禁している」(20代男性)など、言葉が使い減りしないように、慎重にタイミングを選んでいる男性も多いようです。

  • 【7】恋愛の駆け引きのひとつだから

    男女の駆け引きのひとつとして、「好き」と言わなくなるパターンです。「自分も彼女も段々言わなくなった。今更自分だけ言うのはバカみたいだから」(20代男性)という“張り合い”タイプのほか、「相手が自分のことを好きなのか測るため」(10代男性)のように、彼女の気持ちを確かめるために“あえて言わない”という男性もいるようです。

  • 【8】一緒にいることが当たり前になったから

    近くにいることがあまりにも自然なために、「好き」と言わなくなるパターンです。「すでに身内のような感覚だから」(20代男性)、「すっかり関係も落ち着いて、一緒にいるのが生活の一部になっているから」(30代男性)など、恋愛というよりも家族のような感覚になってくると、男性はわざわざ「好き」と口にする必要がないと感じるようです。

  • 【9】内心、別れるタイミングを見計らっているから

    悲しいことながら、恋愛がゆっくりと終わりに向かっているパターンです。「単純に、好きという気持ちが薄れているから」(20代男性)のほか、「下手なことを言うと、別れるときに火種を増やすことになるから」(20代男性)など、彼女への愛情が薄れたために、「好き」と言えなくなるケースも確かにあるようです。

男性にとって「好き」という言葉は、女性が思うのとは少々違った意味や重みを持っているようです。今回紹介した以外にも、「好きと言わなくなる理由」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock