おとなしい女性に対して、男性がキュンとする瞬間9パターン


一般的に、「ノリが良くて明るい女性」の方が男性とコミュニケーションが取りやすく、恋愛をしやすいとされますが、その一方で、「おとなしくてもの静かな女性」のちょっとした言葉や仕草が、男性の気持ちをキュンとさせるケースも意外に多いようです。そこで今回は、スゴレン読者の男性へ向けて調査を実施。その結果を参考に、「おとなしい女性に対して、男性がキュンとする瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分の気持ちを一生懸命に伝えようとしているとき

    男性と話すのが苦手な女性が、頑張って気持ちを伝えようとする姿にキュンとするパターンです。「喋るのがあまり得意じゃない人が、ゆっくりでも自分の言葉で話そうとしているとグッとくる」(20代男性)、「不器用でも丁寧な話し方の女性にトキメきます」(40代男性)というように、不慣れであっても丁寧にコミュニケーションを取ろうとする女性にトキメく男性は多いようです。話をしっかり聞いてくれる男性かどうか、事前に見分けられるといいでしょう。

  • 【2】意外な趣味や特技があることが発覚したとき

    おとなしい女性の趣味といえば読書や映画といったインドアなイメージがありますが、「いつもはもの静かな女性が、趣味でギターを弾いてることが判明。ギャップに惚れました」(20代男性)、「普段は見せない姿とかヤバいっす♪」(10代男性)というように、意外なギャップが魅力になるケースも。ただし、いつもと違う姿をどうやって男性に知ってもらうかが難しいところ。不自然にならないように、さりげないアピールが必要でしょう。

  • 【3】女性らしい繊細な配慮を感じたとき

    日常的な立ち居振る舞いの丁寧さに、男性が惹かれるパターンです。「ドアの開け閉めが最後の最後まですごく丁寧だったり、行儀のよさがわかるとドキドキする」(20代男性)。また、「飲み会での料理の取り分けで、さりげなく気を使って盛り付けられると ?いいなぁ?と感心する」(20代男性)という意見も。女性らしい優雅さは、男性の急所のひとつといえそうです。逆におとなしい女性ほど、ガサツな振る舞いをすると目立ってしまう点にも注意しましょう。

  • 【4】普段あまり笑顔を見せないのに、楽しそうに笑ったとき

    普段あまり笑顔を見せない女性が楽しそうに笑ったときに、男性がドキッとするパターンです。「穏やかに微笑む感じが、奥ゆかしそうでたまらない」(20代男性)、「おとなしい子は普段もあんまり笑わないというか、本当におとなしい。でもそんな子が心から笑ったときの笑顔は最高!」(30代男性)など、感情表現が苦手な女性が見せてくれる貴重な笑顔は、活発な女性のハイテンションな笑顔とは一味違う威力があるようです。笑顔はコミュニケーションの第一歩だけに、惜しまず見せていきたいものです。

  • 【5】仕事や勉強において几帳面さを感じたとき

    勉強や仕事に対して几帳面に取り組む姿勢が、男性の感動を呼ぶパターンです。「きれいに整理されたノートを見ると、女の子らしくて感動する」(10代男性)、「地味な仕事でも真剣にやる女性に誠実さを感じる」(30代男性)。どんなときでも誠実であることは、人の心を打つようです。ただし、完璧主義になりすぎたり、他人にも同じペースを求めると、反感を買ってしまう可能性があるので注意が必要です。

  • 【6】目があっただけで顔が赤くなったとき

    恋愛において弱点になりがちな「シャイ」という要素が、一転して強みになるパターンです。多くの男性は、女性の純粋さや無垢さに憧れを抱いているもの。「恥ずかしそうに俯いたり、相手が照れているのが伝わってくるとかわいく見える」(10代男性)のように、「男性慣れしていない」ことが魅力になるケースもあるようです。とはいえ、あまりにも過剰に照れてばかりでは、コミュニケーションが成り立ちません。時には勇気を出して積極的に会話することも必要でしょう。

  • 【7】自分にだけ話しかけてくれるとき

    おとなしい女性が「大勢いるなかで自分だけに話しかけてくれる」と感じた男性が、特別な感情を抱くパターンです。「自分には心を開いてくれているんだ、と感動する」(20代男性)、「自分がちょっと特別に思えて嬉しい」(10代男性)など、ちょっとした秘密を共有するような喜びがあるようです。ただし、あまりにもべったり甘えると、逆に疎まれる可能性があるかもしれません。周囲の人間関係を把握して、適度な距離感をキープしましょう。

  • 【8】手紙をくれたとき

    メール全盛のこの時代に、あえて直筆の手紙を書く。その古風さが魅力となるパターンです。「自分の机のなかに、かわいらしい字で書かれた手紙が入ってた。些細な用件だったけど、捨てられなくて今も取っておいてある」(10代男性)など、女性らしい気遣いや温かみを感じさせる手紙は、男性に強いインパクトを与えるようです。ただし、あまりにも繰り返し手紙を出すと、相手に重いと感じさせてしまいそうです。

  • 【9】メガネが銀縁だったとき

    「メガネ女子が好き」という男性は少なくありませんが、なかにはこだわりを持って「銀縁」を特別視する人々がいます。メガネは女性を美しく知的に引き立てますが、とりわけ銀縁メガネが似合う女性は、独特の神秘的な美しさを感じさせます。ファッション性でこそセルフレームに劣る銀縁メガネですが、メタル素材ゆえの厳かさと、華奢なフレームならではのしなやかさが、装着する女性の魅力をさらに引き立たせるようです。おとなしい女性にこそ、真にかけこなすことのできる一品といえるでしょう。

いかがでしょうか? おとなしい女性の方々にとって、参考になるパターンはあったでしょうか。男性読者の方は、ほかにも「おとなしい女性に対してキュンとする瞬間」があれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock