片想いの気持ちを抑える方法9パターン


誰かを好きになったとしても、恋愛することが許されない相手であったり、まだ自分の気持ちを打ちあける段階ではないと感じていたりと、ストレートに気持ちをぶつけられないこともあります。では、そんなとき多くの女性はどうしているのでしょうか。今回はオトメスゴレンに寄せられた女性の声を基にした、片想いで高まる気持ちの抑え方をご紹介します。

  • 【1】連絡をとらないようにする

    コミュニケーションを避けることで、気持ちが高まらないようにするパターンです。「会ったり声を聞いたりすると、どうしても気持ちが盛り上がってしまう。」(20代女性)といったように、相手と距離を置くことで気持ちを抑える女性は多いようです。しばらく連絡を絶てば、自分でも意外なほど相手に対する想いが落ち着くのでしょう。

  • 【2】仕事に没頭する

    仕事の忙しさに集中することで、恋愛のことを考えないようにするパターンです。「勉強をがんばる。早めに受験のことを考えてみたりする。」(10代女性)など、学生の場合は勉強やアルバイトに熱をあげるようです。職場や学校は生活の中で過ごす時間を占める割合が多いので、仕事や勉強に集中できればだいぶ気も紛れるでしょう。

  • 【3】趣味を充実させる

    好きなものに打ち込むことで、気を紛らわせようとするパターンです。「資格取得という趣味をつくって勉強した。」(20代女性)など、積極的に趣味の幅を広げる人もいました。趣味は好きになれるものだけに、気持ちを傾けることが容易なのもポイントかもしれません。また、趣味を通じて新しい出会いも期待できるでしょう。

  • 【4】お酒をひかえる

    お酒に酔うと抑えが利かなくなり、つい電話したくなったり、さらには気持ちを伝えたくなったりするものです。酔って気持ちを伝えても、良い印象を与えられるとは限りません。片想いの相手と同席している場合に限らず、注意したいところです。

  • 【5】冷静にどこが好きなのか分析してみる

    心を落ち着けて、自分を見つめ直してみると気持ちも高まらないのかもしれません。「冷静に考えると、彼のどこが好きなのかわからなくなり、少し気持ちが盛り下がる。」(20代女性)など、突き詰めて考えることで自分をコントロールできることもあるようです。冷静になるためには、あえて相手のダメなところを考えてみるのもひとつの方法でしょう。

  • 【6】ブログや日記に想いをぶつける

    文章にすることで、気持ちを一度整理するパターンです。「日記に片想いの彼への気持ちをぶつけてスッキリ!」(20代女性)という解消型と、「ブログに書くと自分を客観的に見つめられるので冷静になる。」(30代女性)という鎮火型の2パターンがあり、自分に合った形で気持ちを抑えられるでしょう。どちらにせよ、想いを溜め込まずに吐き出すことは気持ちの抑えにつながるようです。

  • 【7】切ない片想いソングを熱唱する

    片想いの気持ちを別の形でぶつけることにより発散するパターンです。「歌詞の世界に共感しながら入り込むことですっきりします。」(20代女性)など、気持ちが高まりそうなものですが、逆に熱唱することである程度気が済んでしまうこともあるようです。歌なら、ストレスなく気持ちを切り替えられるのかもしれません。

  • 【8】アイドルや俳優を好きになる

    好きな気持ちをより理想的な人に向けることができれば、気は紛れるのかもしれません。しかも、アイドルや俳優ならどんなイケメンも選び放題です。「アイドルにはまるように、『○○かっこいい!』と声に出して自分に暗示をかける。」(20代女性)といった努力をする人がいる一方で、「俳優を好きになると、理想的すぎて現実から離れてしまうことも・・・。」(20代女性)など、効果が出すぎてしまう人もいるようなので注意が必要です。

  • 【9】積極的に合コンに参加する

    他の男性に目を向けることで、気持ちを紛らわせるパターンです。「男性は他にもいると思える。」(20代女性)、「ちょっと好きな人を他につくれると、気持ちをごまかせる。」(20代女性)など、片想いの気持ちがなくなるとはいかないまでも、心に余裕が生まれる女性もいるようです。比較する対象が増えれば、片想い相手への評価が高まりすぎることもないでしょう。

片想いをしているが、気持ちをどうしていいかわからないという方、参考になったでしょうか。そうでない方も、感情の制御が求められる場面などで参考にしてみてください。また、その他の気持ちを抑える方法など、ご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock