会話で沈黙になったとき、男性を喜ばせる一言9パターン


男性との会話中、お互いに緊張しているため、沈黙になることもあると思います。そのような状況では、どのように対応しているでしょうか。そんな沈黙の空気をこわして、同時に男性のテンションを上げる方法を見つけたいものです。そこで今回、みなさんの会話に活用していただけるように、「会話で沈黙になったとき、男性を喜ばせる一言9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「頼りにしています」

    同じ職場の男性と仕事の話をしているときの一言です。沈黙を切り裂くように、「頼りにしています。」と伝えることで、言葉に重みと説得力を持たせます。 男性の目を見て、ゆっくりと噛みしめるように伝えることで、男性を喜ばせることができるでしょう。ただし、頼りない男性に対しては、嫌味に聞こえてしまう恐れがあるので「期待しています。」など、男性を応援する一言の方が適切でしょう。

  • 【2】「モテるでしょ?」

    魅力的な男性への一言です。緊張して言葉が見つからない状態で、敢えて自分の本音をさらけ出せば、気持ちが軽くなる可能性があります。また、男性を喜ばせることもできるでしょう。ただし、魅力的だと感じていない男性に対して伝えても、ウソを見抜かれる可能性があるので注意した方が良さそうです。

  • 【3】「いい匂いしますね。」

    男性の香水に気付いたときの一言です。沈黙になったとき、男性自身のことに触れることができれば、自然と会話も弾むでしょう。ただし、良い香りがしても香水をつけていない可能性もあるので、「香水の匂いがしますね。」など、「香水」と断言しない方が良いでしょう。

  • 【4】「○○さんといるとちょっと緊張しちゃいます。」

    緊張していることを素直に伝える一言です。沈黙となる原因のひとつに、「緊張」が考えられます。緊張を隠そうとするよりも、緊張していることを素直に伝えることで、リラックスできるでしょう。ただし、普段話し慣れている男性が相手の場合には、使いにくい表現となります。相手に応じて、使い分ける必要があるでしょう。

  • 【5】「そういうところ、好きですよ。」

    間接的に「好き」というメッセージを伝え、男性を喜ばせる一言です。男性を魅力的だと感じるエピソードを聞いた後、沈黙となったときに有効な表現となります。告白とは違った意味合いでの「好き」という言葉ですが、男性のテンションも上がり、よくしゃべってくれるかもしれません。ただし、男性が「俺に、脈あり?」と感じる可能性があるので、伝える相手は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

  • 【6】「(意外と)優しいんだね。」

    悩みを聞いてくれたときなど、男性に励まされたときの一言です。感謝の気持ちを伝えることはもちろん大事ですが、励ましてくれた男性自身の「優しさ」について触れることで、男性のテンションは上がるでしょう。なお、普段の生活で接する機会の少ない男性に対して、「優しさ」を感じ取ったときに、「意外と優しいんだね。」と伝えると効果的でしょう。

  • 【7】「一緒にいると落ち着ける。」

    沈黙していても、慌てることなく自然に過ごせるときの一言です。長い時間にわたり語り合い、二人で一体感を得たときに言いたい表現です。男性も同じ気持ちになっていれば、気持ちが盛り上がり、急接近する可能性があります。ただし、男性が「俺に、脈あり?」と感じる可能性があるので、伝える相手は慎重に選ぶ必要があるでしょう。

  • 【8】「もうこんな時間!あっという間に時間が過ぎるね。」

    時間について伝えるパターンです。沈黙になったとき、時間や場所についての話題であれば、スムーズに会話が展開できます。ただし、時間について触れることで、「そろそろ、帰る時間だね!」と帰ることを促される恐れがあるので、帰宅時間に合わせて伝えた方が良いでしょう。

  • 【9】「今日は色々話せてすっきりした!」

    男性に色々な話を聞いてもらったときの一言です。沈黙となったタイミングで、話を聞いてくれた男性に感謝して、話を終えることが可能となります。また、女の子から感謝されることで、喜ぶ男性も多いので、心を込めてしっかりと伝えたいものです。

みなさんが実際に使えそうな一言はあったでしょうか。会話の内容や流れによって、活用できる一言は変わってきますが、柔軟に対応していただければ幸いです。また、今回紹介した一言以外に、「沈黙になったとき、男性を喜ばせる一言」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock