好きな人を諦めるタイミング8パターン


片想いを続けつつも、なかなかかなわない恋はいつかは諦めざるをえないタイミングがくるものです。しかし、そのタイミングは一人ひとり異なり、様々です。諦めるタイミングは自分自身で決めるものですが、他の人の考え方も気になってしまう気持ちもあります。そこで今回、「そろそろ潮時かもしれない・・・」と感じ始めている方の参考となるように、「好きな人を諦めるタイミング8パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】彼女や妻がいることが判明したとき

    好きな男性に既に彼女がいたり、既婚者だったときのパターンです。既婚者は恋愛対象外となる女性は大多数でしょう。さらには自分に乗り換えるような男であれば、実際に付き合っても別の女性に乗り換える可能性があるとして、彼女がいる男性に対しては、すぐに諦める女性が多いようです。

  • 【2】恋愛相談を持ちかけられたとき

    好きな男性から恋愛相談を持ちかけられたパターンです。恋愛対象の女の子に対する熱い想いを目の当たりにして、自分では太刀打ちできないと感じ、諦める女性もいるようです。自分の気持ちが折れないように、恋愛相談に乗ることは避けた方が良いかもしれません。

  • 【3】メールの返信がもらえないとき

    好きな男性からメールの返信をもらえず、連絡が滞ったとき、脈がないと実感して諦める女性がいます。脈があるならば、当日か翌日くらいには連絡があると考えている方も多いでしょう。メールの返信の早さも男性の気持ちを測るバロメーターのひとつとなるでしょう。

  • 【4】話しかけても素っ気なかったとき

    男性に話しかけても素っ気ない態度だったときのパターンです。男性が忙しく冷たくされたことも、自分に興味がないからだと感じ、諦めてしまう女性が多いようです。話しかけるタイミングも関係ありますが、話すときの男性の素振りも重要な判断指標となりそうです。

  • 【5】目を合わせてくれなくなったとき

    男性に目線をそらされてしまったパターンです。目線をそらされることで、距離を置かれていることを実感し、諦めてしまう女性もいるようです。同じ職場や学校など、顔を合わせる機会の多い場合には、有効な判断指標と言えるでしょう。

  • 【6】デートに誘っても断られたとき

    勇気を出して、女の子からアプローチしているにも関わらず、男性から断られるパターンです。男性が忙しくても、脈があれば、別のタイミングでデートに誘ってもらえると考えている女性がいるようです。諦めきれない人は、勇気を振り絞って、数回デートに誘った上で判断してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】告白して振られたとき

    告白して振られ、諦めるパターンです。自分の気持ちをしっかりと伝えることができるので、後悔することがない方法と言えるでしょう。自分の気持ちを納得させるために、玉砕覚悟での告白も、自分のためには必要なことかもしれません。

  • 【8】その好きな人以上に興味をもてる人が現れたとき

    もっと好きな人ができたパターンです。「諦める」という表現には当てはまりませんが、このような意見が多く集まりました。片想いの寂しさを紛らわせるには、それ以上の片想いが必要な女性もいるようです。

実際にみなさんが諦めるキッカケとなる項目はあったでしょうか。また、今回紹介した項目以外に、「好きな人を諦めるタイミング」が他にもあれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock