「仕事が忙しくて会えない。」と言う彼氏の本音7パターン


しばらく会っていない彼氏から、「仕事が忙しくて会えない。」と言われると、とても落ち込んでしまうもの。彼自身はどのような気持ちで、仕事をしているのか気になるところです。「仕事が忙しい。」と発する彼氏には、どのような本音があるのでしょうか。そこで今回、「『仕事が忙しくて会えない。』と言う彼氏の本音7パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】彼女に会いたいが、会う時間をまったく確保できない。

    本当に仕事が忙しすぎて、たとえ数分であっても、彼女と会う時間を確保できないパターンです。仕事が忙しい彼氏に対して、優しい言葉を投げかけることで、良好な関係を築けるかもしれません。

  • 【2】精神的な余裕がないため、彼女に優しくできない。

    仕事が忙しく、精神的に疲れているパターンです。「いまの状態で会うことで、彼女を傷つけてしまうのではないか?」という不安から、会うことを控えようとする男性がいるようです。この場合には、そっとしておく配慮も必要となるでしょう。

  • 【3】彼女といるよりも、仕事の方が楽しい。

    作ろうと思えば時間はあるが、彼女といる時間よりも仕事をしている方が楽しいと感じているパターンです。仕事に対して情熱を傾けているケースなので、彼氏を温かく見守ってあげても良いでしょう。ただし、いつまで経っても仕事を優先する場合、不安な気持ちを伝えるなど、話し合っても良いでしょう。

  • 【4】いまは仕事を頑張って、いつか彼女を幸せにしてあげたい。

    彼女との未来のために、仕事をして、お金を貯めようとしているパターンです。将来を見据えているからこそ、そのエネルギーを仕事に注ぎ込むことができるのでしょう。目標の貯金額を聞き出し、二人で頑張っても良いかもしれません。

  • 【5】仕事以外にも自分の時間がほしい。

    自分の時間を確保したいと思っているパターンです。素直に「自分の時間がほしい。」と伝えることで、彼女が傷ついてしまうことを恐れ、仕事の忙しさを理由とする男性もいます。

  • 【6】時間を割いてまで、彼女に会いに行くことが面倒だと感じ始めている。

    気持ちが離れてしまっているパターンです。「仕事で疲れているとしても、会いに行きたい!」という情熱は薄れ、会いに行くことが面倒だと感じている男性もいます。気持ちが離れ始めている可能性があるので、話し合いの場を持つなど、男性の気持ちを取り戻すための対策を講じる必要があるでしょう。

  • 【7】実は、他の女性とデートしている。

    「仕事が忙しい。」と言いつつ、他の女性とデートしているパターンです。仕事を言い訳にすれば、何でも許してもらえると考えている男性もいるようです。彼氏の普段の素行など、しっかりとチェックしておきたいものです。

「仕事が忙しい。」と言われた場合、紹介させていただいた本音に該当しそうなものがあったでしょうか。また、男性の本音として、他に考えられるものがある場合には、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock