男性が急に結婚したくなるキッカケ9パターン


付き合って数年経過するものの、彼に結婚する意思が全くないのではと不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。何とかして、彼氏に結婚への意志を強めてもらいたいもの。そこで今回、男性の結婚に対する動機を探るべく、「男性が急に結婚したくなるキッカケ9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】彼女と結婚したがっている男性の存在を知ったとき

    男性の独占欲や嫉妬心によって、結婚したくなる気持ちを加速させるパターンです。一緒にいることが当然だと感じる間柄だったとしても、他の男性が登場することで、「結婚して、自分の妻にしたい!」という気持ちが大きくなるでしょう。ただし、伝え方によっては、浮気を疑われる可能性があるので注意が必要です。

  • 【2】仕事に自信が持てるようになったとき

    仕事で結果を出したり、昇進することが決まり、家族を養う自信がついたタイミングで、結婚を決意するパターンです。計画的な性格の男性であれば、結婚するためには経済力が必要だと考えている可能性があります。

  • 【3】目標としていた貯金額を達成したとき

    結婚資金と結婚後の生活資金を貯金しているパターンです。金銭面で彼女に心配させないように、計画的に貯金している可能性があります。普段、節約することを心掛けている彼氏であれば、目標の貯金額が貯まったら、プロポーズされるかもしれません。

  • 【4】転勤が決まったとき

    いわゆる、「一緒に来てくれないか?」とプロポーズするパターンです。引っ越しが必要なくらい遠い場所への転勤が決まり、結婚を決意する方もいらっしゃるようです。ただし、転職のタイミングで別れを切り出される可能性もあるので、心の準備をしておく必要があるでしょう。

  • 【5】家賃の契約更新のとき

    家賃の契約更新のタイミングで、引っ越しやマンションの購入など、ライフスタイルの変化を考え、結婚について意識するキッカケとなります。契約更新のタイミングがきたときには、将来の二人の生活について相談し、彼氏に結婚を意識させてはいかがでしょうか。

  • 【6】男友達から結婚を勧められたとき

    友人から結婚の良さについて聞いて、結婚に対する気持ちが高まるパターンです。特に同世代の友人の言葉は、大きな影響力を持ち、結婚していないことに焦りを感じることもあります。既婚者の友人との飲み会があれば、積極的に参加するように勧めてはいかがでしょうか。

  • 【7】友人の結婚式に出席したとき

    友達が結婚しだして、「出遅れた!」と感じるパターンです。結婚式の感想を聞き出し、彼氏の結婚に対するイメージを膨らまさせて、結婚へのモチベーションを高めても良いでしょう。

  • 【8】付き合った年数が節目を迎えたとき

    付き合って◯年記念日を通じて、結婚を意識するパターンです。また、付き合った記念日だけではなく、彼女の誕生日やクリスマスなど、イベントのタイミングでプロポーズを考える男性もいるようです。

  • 【9】「来週お見合いすることになったから。」と冷たく言い放たれたとき

    「お見合いをする!」と伝え、結婚する意思のない彼氏に刺激を与えるパターンです。 彼女が結婚を急いでいることを気づき、慌てるように結婚を意識するでしょう。 付き合って何年も経過した彼氏に対しては、これくらいの刺激を与えることも選択肢のひとつでしょう。ただし、このお見合い話を聞いたことで、別れることを決意する男性もいるので、「親が無理やりセッティングした。」など、彼氏が納得できる理由を用意した方が良いでしょう。

彼氏が直面しそうなキッカケはあったでしょうか。また、結婚を意識するキッカケは他にもたくさん存在すると思います。既婚者のみなさんからの様々なご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock