「一人にしてほしい」と言う男性の本音9パターン


突然、彼氏から「一人にしてほしい」と宣告され、ショックを受けた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、このような発言をする男性はどのような本音があるのでしょうか。そこで今回は、男性の気持ちを理解していただくために、「『一人にしてほしい』と言う男性の本音9パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】疲れているとき

    徹夜明けなどで疲労が蓄積しているときのパターンです。無理に会おうとせず、「ゆっくり休んでね。」と声をかけた方が良いでしょう。普段から、仕事の忙しさなどを聞いている場合には、身体を気遣ってあげると女性の優しさを嬉しく思うでしょう。

  • 【2】とにかくボーっとしたいとき

    悩みや考え事などなく、とにかくボーっとしたいパターンです。何も考えずに、一人でゆっくりする時間を重視する男性も存在するようです。

  • 【3】恋人に八つ当たりしてしまいそうなとき

    なんらかのトラブルでイライラしているパターンです。恋人に対して八つ当たりしないように、一人になりたがる男性もいます。無理に会おうとせずに、そっとしてあげた方が良いでしょう。

  • 【4】仕事で行き詰まっているとき

    仕事のことに集中したいときのパターンです。仕事のトラブルや行き詰まりなど、一人で考えを巡らせたいときに、一人になりたがる男性もいます。仕事で忙しいことを聞いているときには、そっとしてあげた方が良いでしょう。

  • 【5】漠然と将来の不安を感じたとき

    転職活動、就職活動中で、将来に対する不安を感じているときのパターンです。彼氏が、仕事探しをしているときは、このような不安に陥りやすくなるので、そっとしておいた方が良いでしょう。

  • 【6】現在、熱中しているゲームをやりたいとき

    自分の趣味に没頭したいときのパターンです。気になるゲームに熱中している場合、このケースが考えられます。趣味の時間を持つことは大切ですが、限度があるので、「ゲームばかりやらないで!」と主張して良いでしょう。

  • 【7】他の女の子と約束をしているとき

    会わない日に、他の女の子とデートしているパターンです。付き合いが長く、マンネリ気味になったタイミングで発生しがちです。ある日突然、ケータイを見られることを嫌がるようになったなどの変化があった場合、他の女の子と遊んでいる可能性があるので、注意が必要です。

  • 【8】彼女の束縛にウンザリしたとき

    彼女の束縛やワガママに対して、疲れ果ててしまったパターンです。寛大な彼氏とはいえ、ときには休息が必要でしょう。ワガママを言っている自覚がある場合には、注意した方が良いでしょう。

  • 【9】恋人と距離を置こうとしているとき

    彼女との距離を置き、別れようとしているパターンです。なお、「しばらく、一人になりたい・・・」などの期間設定がなかった場合、このケースに該当する可能性があります。距離を置く前にしっかりと話し合った方が良いでしょう。

彼氏や気になる男性の本音は、どのパターンに該当しそうでしょうか。もちろん、今回ご紹介した以外の本音もあるでしょう。考えられる本音があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見、お待ちしております。
Photo:All images by iStock