実はいろいろある? コンパで交換できる連絡先の「種類」8パターン


コンパで出会った気になる男性と、自然な感じで連絡先を交換したいと思ったことはありませんか? そこで連絡方法をメルアドに限定しなければ、いろんなものが二人の距離を縮めるきっかけになるかもしれません。ということで今回は「コンパで交換できる連絡先の『種類』8パターン」を紹介します。

  • 【1】SNSのアカウント

    「なんていうIDでSNSやってるの?」聞かれても教えない男性は少ないでしょう。またお互いの趣味趣向や交友関係を知ることができるので便利です。しかし、更新頻度が少ない場合はあまり効果的ではないので、アカウントを聞き出した時に聞いてみた方がいいかもしれません。

  • 【2】ツイッターのユーザーネーム

    男性が考えていることや、今何をしているのかをリアルタイムで知ることができますし、ツイッターのアカウントなら聞き出すのも比較的簡単です。ダイレクトメッセージを使えば二人だけのやりとりも可能。しかし、彼に興味を抱かせない投稿は彼の目に止まりにくく、距離を縮めるのにもちょっと時間がかかるというデメリットがあります。

  • 【3】携帯のメールアドレス

    コンパで交換する連絡先の王道です。いつでも気軽にやり取りができますし、電話より緊張しなくて済むというメリットがあります。しかし、なかには携帯でのメールのやり取りを好まない人もいますし、メールを打つのが面倒だという男性もいますので、携帯メールだけには頼らない方がいいのかもしれません。

  • 【4】PCのメールアドレス

    長文のメールや、写真を交えてのコミュニケーションをしたいなら、PCのメールアドレスがオススメです。多くの情報を盛り込めるので、思いのたけを伝えるにはピッタリ。しかし、長文メールを嫌がる男性もいるので、送る内容には注意したいところです。

  • 【5】スカイプ

    ユーザー同士なら無料で電話やチャットを使えますし、Webカメラを使えば顔を見ながら会話も楽しめます。恋愛用のツールとしてもかなり便利なのではないでしょうか。しかし、男性がPCなどのネット端末の前にいない時や、マイクとイヤホンがない時は使用できないので、細かいやりとりには向いていないかもしれません。

  • 【6】オンラインゲームのID

    会話の中で、気になる彼がオンラインゲームにハマっていそうだったら、そのIDを聞き出してみましょう。一緒に遊べるのはもちろん、自分がやったことのないゲームでも、彼に教えてもらうことができます。またゲームという共通の話題ができるのでコミュニケーションもしやすいはずです。

  • 【7】名刺

    会社名はもちろん、部署や役職までキッチリ書かれている名刺なら、男性のステータスも一目瞭然。しかも会社の連絡先までついてくるというオトクさです。しかし、あくまで会社の連絡先なので、気軽には連絡できないというデメリットもあります。プライベートの連絡先も合わせて聞いておきたいところです。

  • 【8】住所

    ネットが普及した今の時代だからこそ、直筆手紙で気長にするやりとりが男性の心を打つ可能性も。自然に聞き出すには年賀状や暑中見舞いを出す前のコンパで聞き出すのがいいでしょう。一方で、家の人に手紙を見られたり、聞き出すタイミングに注意しないと「なんで住所?」と不信がられたりする可能性もあるので注意しましょう。

みなさんは、コンパで交換できる連絡先にはどんなものがあると思いますか? また、どんな連絡先を交換した経験があるのでしょうか。 ご意見お待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock