クラスメイトに告白する際の呼び出し方法8パターン


クラスメイトに告白することを決意した後、まず最初に頭を悩ませるのは「呼び出し方」です。一体、呼び出し方にはどのようなバリエーションがあるのでしょうか。そこで今回、みなさんに「告白のための呼び出し」を成功していただくために、「クラスメイトに告白する際の呼び出し方法8パターン」をご紹介させていただきます。

  • 【1】「話があるから、〇〇に来てくれないかな。」と直接本人に伝える。

    直接、相手に伝える正統なパターンです。呼び出す際にはかなり緊張しますが、相手に待ち合わせなどの情報を確実に伝えることができます。

  • 【2】「今日、一緒に帰らない?」と誘う。

    一緒に下校することに誘い出すパターンです。周囲に人がいた場合、相手から「なんで?」というツッコミを受ける可能性があります。可能な限り、二人きりのタイミングを見計らって誘い出した方が良いでしょう。

  • 【3】「ちょっと渡したいものがあるから、後で◯◯に来てくれないかな。」と別の用件を装う。

    別の用事を装うパターンです。用事を作りだすことができれば、自然に呼び出すことができます。ただし、友人と一緒に来る可能性があるので、一人で来るように伝えた方が安心でしょう。

  • 【4】待ち合わせ場所と日時を書いた手紙を机の引き出しや下駄箱に置く。

    手紙で呼び出すパターンです。ただし、手紙を見つけてもらえない可能性もあるので、しっかりと分かりやすく置いておく必要があります。また、手紙という物的証拠が残るので、もし相手の男子が友人などに話すと冷やかしの対象となる可能性もあります。告白相手の性格を見極めた上で、実行する必要があります。

  • 【5】学校が終わってから、メールで呼び出す。

    相手のメールアドレスを知っている場合のパターンです。メールについても物的証拠となり、冷やかしの対象となる恐れがあります。こちらも相手の性格を見極めた上で、実行する必要があります。

  • 【6】家に電話をかけて呼び出す。

    連絡網などで自宅電話番号のみを知っていた場合のパターンです。学校が終わり、家にいそうなタイミングで電話をかけましょう。当然ながら、ご家族が電話に出る可能性があるので、礼儀正しく話せるように受け答えの練習しておきましょう。

  • 【7】家まで行って、直接呼び出す。

    家を直接訪問するパターンです。突然の訪問に対して、相手を驚かせる可能性があります。しかし、クラスメイトに見られることなく伝えることができます。なお、ご家族が出る可能性があるので、身だしなみを整え、礼儀正しく振る舞うように気を付けましょう。

  • 【8】友人に呼び出してもらう。

    「話があるから、公園で待っているって。」など友人に伝えてもらうパターンです。 なお、告白する相手が「告白することを友人にも伝えてあるのか・・・」と知ることになり、嫌な気分になる人もいるようなので注意が必要です。

みなさんの環境で実現できそうな呼び出し方は見つかったでしょうか。きっと他にも様々な呼び出し方があると思います。みなさんの経験に基づいたご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock