恋人と距離を置くときの一言7パターン


彼氏に別れを切り出す前に、「距離を置く」という手段を取る女性もいらっしゃるのではないでしょうか。では、実際に彼氏に対して、距離を置くときには、どのようなセリフで伝えれば良いのでしょうか。今回は距離を置くときの言い訳について7つのパターンを紹介させていただきます。

  • 【1】「ちょっと頭を冷やしたいから、距離を置かせて。」

    ケンカしたことをキッカケに言い出すことができるケースです。ケンカしてしまったことについて、「頭を冷やす」と伝えることで、自然に切り出すことができるでしょう。

  • 【2】「とにかく忙しい。」と言って、徐々に距離を置く。

    忙しいことを前面に押し出すパターンです。彼との間に自然と距離を置くことができます。しかし、距離を置きたいことをまったく告げないので、真意は伝わらず、危機意識を感じさせることは難しいでしょう。

  • 【3】「自分の気持ちが冷めてしまったから、距離を置きたい。」

    正直に気持ちを伝えるパターンです。「別れたい。」と告げることと同じことなので、納得してもらうまでに時間がかかる恐れがあります。

  • 【4】「少し一人でゆっくり考えたいから、距離を置きたい。」

    「気持ちが冷めてしまった」とストレートに表現せずに、オブラートに包むパターンです。  当然ながら、「どうしたの?」「何があったの?」と突っ込まれる可能性があるので、その追及に対応する必要があります。

  • 【5】「このままだと嫌いになっちゃいそうだから、ひとまず距離を置きたい。」

    「嫌いになっちゃいそう」と彼氏を脅すパターンです。「別れ」を切り出されることに恐れを感じた彼氏は、僅かな希望を持ち、「距離を置く」ことを容認する可能性があります。

  • 【6】「あなたの大切さを実感するためにも、距離を置きたい。」

    二人の関係が冷えきった場合の一言です。彼の必要性を知ること目的とするパターンです。ただし、彼に期待を持たせる可能性があるので、距離を置いた後に別れを切り出す際、彼氏の心の準備が調わず、別れ話が難航する恐れがあります。

  • 【7】「一緒にいてもお互いプラスにならないから、ひとまず距離を置きたい。」

    距離を置くことが、彼氏自身にも有効であることをアピールするパターンです。ただし、遠まわしな言い方なので、「自分勝手な女だ!」と思われる可能性があり、注意が必要です。

みなさんのキャラクターや彼氏との関係性に合ったセリフを選んで頂ければと思います。また、他にはどんな言い方があるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock