男性を遠ざけたいときの一言9パターン


積極的にアプローチされることは嬉しいもの。しかし、ときにはしつこさにウンザリして、遠ざけたいと思うこともあるのではないでしょうか。そのようなとき、みなさんはどのような一言を放って、男性を遠ざけているのでしょうか。みなさんの表現力を高めるため、今回は、「男性を遠ざけたいときの一言9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】「男として見られないよー。」

    恋愛対象になりえないことをストレートに表現するパターンです。困惑する男性も多いでしょう。

  • 【2】「良い友達を持ったよ。これからもよろしくね。」

    「良い友達」というキーワードをハッキリと言うことで、自分が恋愛対象ではないことをアピールするパターンです。「これからもよろしくね」と笑顔で伝えましょう。

  • 【3】「お兄ちゃんみたい。」「弟みたい。」

    兄弟のような存在であることを伝えて、恋愛関係にならないことをアピールするパターンです。友人としての付き合いが長い男性に対して、有効な一言でしょう。

  • 【4】「絶対良い子がいるって。」「○○君なら、素敵な彼女が見つかるよ。」

    応援する立場を明確にすることで、恋愛対象外であることをアピールするパターンです。

  • 【5】「友達にかわいい子いるんだっ!今度紹介するね。」

    彼女候補となる他の女の子を紹介する約束をすることで、自分と付き合う可能性はないことを遠回しに伝えるパターンです。

  • 【6】「モテそうだね。私も遊ばれないようにしないと(笑)」

    男性を遊び人扱いするパターンです。警戒していることを伝え、距離を置きましょう。

  • 【7】「今までに付き合った人がたくさんいそう。」

    「軽い男」として見ていることを表現し、距離を置こうとしていることを遠回しに伝えることが可能です。

  • 【8】「気になる人がいて...」と、あなたは眼中にないアピール。

    恋愛相談することで、「あなたは恋愛対象外です」と伝えるパターンです。具体的に相談すればするほど、リアリティが増し、男性に与えるショックは大きいものになるでしょう。

  • 【9】「無理。」ときっぱり断る。

    ストレートに表現するパターンです。遠回しな表現で伝えても、伝わらない場合には、ハッキリと伝えることも必要でしょう。

男性を遠ざけたいとき、他にはどのような一言があるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock