一方的にLINE・メールを終わらせたいときのフレーズ9パターン


男性とのメールのやりとりにおいて、「さっさとメールを終わらせたい。」と思うこともあるでしょう。そのような状況で、みなさんはどのようなメールを送っているでしょうか。返信しないこともひとつの手ですが、今回はスムーズにメールを終えるために、「一方的にLINE・メールを終わらせたいときのフレーズ9パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】文章の最後に「またね。」と書く。

    文章の最後に「またね。」というフレーズを挿入し、「本日は、もう返信しません。」というメッセージを伝えるパターンです。翌日もメールする気持ちがあるのなら、「また明日ね?」などと表現しても良いでしょう。

  • 【2】文章の最後に「では、おやすみなさい。」と書く。

    深夜にメールをしていた場合に活用できるパターンです。もう寝ることを伝え、メールを終わらせたいことをアピールします。「明日は早いから、もう寝ます。」、「もう眠いから、寝ます。」などの表現も利用可能です。

  • 【3】「またメールするね。」

    社交辞令メールのパターンです。ただし、「また連絡するね。」の「また」というキーワードによって、男性が「いつ連絡くれるか分からない。」という不安を感じるかもしれません。男性のテンションを上げたい場合には、「また明日、連絡するね。」などのように、明日もメールすることを伝えておくことが有効です。

  • 【4】「メール、ありがとうね。」

    メールを送ってくれたことに対して、感謝を述べて、メールを終わらせるパターンです。男性からの「励ましのメール」や「心配していることを伝えるメール」に対して、有効な表現です。

  • 【5】「今日は、メールできて楽しかった。」

    メールのやり取りについて、「楽しかった。」などの感想を述べ、メールを終わらせるパターンです。前向きな内容を送ることで男性のテンションを上げることができます。

  • 【6】「名残惜しいけど、そろそろメールを終わろうか。」

    長時間にわたりメールしていた場合に活用できるパターンです。「名残惜しいけど、」と前置きしながら、メールを終えたいことをストレートに表現します。なお、「眠くなってきたから、そろそろメールを終わろうか。」など、「眠くなってきたから」と理由をしっかりと書くパターンもあります。

  • 【7】「いまから〇〇へ行ってくるね。」と用事を伝える。

    用事があることを伝えて、しばらく返信できないことをアピールするパターンです。用事を具体的に書くことで、男性は、女性に対して親近感が湧きテンションが急上昇するでしょう。なお、発展形として、「いまから、お風呂に入るよ。」という表現も考えられます。「お風呂」というキーワードによって、妄想を駆りたて、男性のテンションを上げることが可能となります。

  • 【8】「ゆっくり休んでね。」

    男性に対して温かい言葉を投げかけ、メールを終わらせるパターンです。「メールくれて、ありがとう。ゆっくり休んでね。」とお礼を併せて伝えることで、男性を喜ばせるメールとなります。

  • 【9】「お互いがんばろうね!」

    互いにエールを送り、メールを終わらせるパターンです。男性から励ましのメールをもらった時に有効な表現です。さわやかにメールを終わらせることができます。

男性からのメールを終わらせたいときに、どのような表現を使っているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(山場ヤスヒロ)
Photo:All images by iStock