花火大会で男性と手をつなぐためのアプローチ7パターン


気になる男性との花火大会デート。あわよくば、手をつなぎたいと思っている女の子もいると思います。そこで今回は、充実した花火大会デートを実現して頂くために、「花火大会で男性と手をつなぐためのアプローチ7パターン」を紹介させて頂きます。

  • 【1】男性の袖やシャツを掴む。

    女の子に袖やシャツを掴まれることで、ドキっとする男性もいるようです。このようなちょっとした動作が、男性に「手を繋ぎたい」と思わせるキッカケとなります。

  • 【2】「みんな、手をつないでいるね。」とコメントする。

    花火大会では、手をつないだカップルを多数目撃できるでしょう。そのようなカップルを見て、「みんな、手をつないでいるね。」とコメントし、手をつなぎたいことを遠回しにアピールしましょう。

  • 【3】「はぐれちゃいそうだよ。」とアピールする。

    「手をつながないと、はぐれてしまうよ。」と遠回しにアピールするパターンです。積極的な男性であれば、「じゃー、手をつなごうか。」と提案してくれるかもしれません。

  • 【4】「ナンパされちゃうから。手をつなごう。」と言い放つ。

    「ナンパされちゃうから。」と冗談を言いつつ、手をつなぐことを提案しましょう。理由を明確にすることで、男性が「それじゃ、仕方ないね。」とコメントしながら、手をつないでくれる可能性があります。ただし、冗談が通じない男性の場合、生意気な女だと思われる可能性があるので、注意が必要です。

  • 【5】「待ってー」と言いながら手をつなぐ。

    歩くスピードが早い男性を捕まえるように、手をつなぐパターンです。思い切って、手をつなぎましょう。

  • 【6】歩きながら、ときどき男性の手に触れる。

    歩きながら、手が触れ合うことで、男性に刺激を与えるパターンです。小さなスキンシップがキッカケとなり、男性から手をつないでもらえる可能性があります。

  • 【7】無言で手つなぐ。

    勇気があれば、何も言わずに手をつないでみましょう。なお、一度ためらった場合、花火を見ることに集中できない可能性がありますので、決意したら、一気に攻めましょう。

花火大会デートにおいて、男性と手をつなぐとき、どのようにアプローチしているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock