スマホ・ケータイで分かる浮気の兆候5パターン


男性の浮気を見抜くためには様々な諸説があります。中でも、日常生活で使っているケータイに関する浮気の兆候は、観察タイミングも数多くあるので、観察対象としては最適な道具といえるでしょう。今回は、彼氏や夫の浮気を見分けるために、「ケータイで分かる浮気の兆候5パターン」をご紹介させて頂きます。

  • 【1】ケータイにロックがかかっている。

    当然ながら、突然、ケータイにロックを掛けるようになったら、浮気の兆候と言えるでしょう。強制的に他人がケータイを読めないような措置を取るのは、見られてはマズい情報があるからです。

  • 【2】ケータイを肌身離さない。

    ケータイへの執着心が以前よりも強くなり、肌身離さずケータイを持つことは、浮気の兆候かもしれません。外出時だけではなく部屋の中にいるときも、ケータイを持つようになったら要注意です。彼女や奥さんに「勝手にケータイを見られる」リスクをできるだけ解消しようとする行動だと想定できます。

  • 【3】トイレにケータイを持っていく。

    一人っきりで落ち着いた時間を過ごせる「トイレ」という空間が、ケータイの「作業場」となっている恐れがあります。トイレで、メール送信及びメールの削除作業などの重要なミッションを行っている可能性があります。トイレへの持ち込みは要チェックです。

  • 【4】一緒にいるとき、メールも見ないし、電話も出ない。

    浮気に関する情報の流出を防止するために、一緒にいるとき、メールも見ないし、電話も出ないようにしている可能性があります。彼女や奥さんと一緒にいるときにメールを見ることで、画面を覗かれる恐れがあります。また、「誰から?」と質問される可能性もあります。また、彼女や奥さんがいた場合、まともな話はできないため、電話に出ることも控えます。

  • 【5】怪しいときに、電話してみると、静かなところから通話している。

    怪しんで彼氏や旦那に電話したとき、通話先が異様に静かだった場合は、浮気の兆候かもしれません。浮気相手と一緒にいるときは、場所を特定されたくないという心理が働きます。結果として、場所に関する情報を与えず、都合の良いウソをつけるように、静かなところで電話しようとします。

みなさんは彼氏や夫のケータイを通じて、どのように浮気を見分けているでしょうか。みなさんのご意見も大募集しております。
Photo:All images by iStock