お花見デートでお弁当を持っていくときの9コのポイント


お花見のシーズンにおいて、お花見デートに誘われる方もいらっしゃると思います。お花見デートであれば、普段実現することが難しい「手料理」を提供する絶好の機会となります。何と言っても、手料理は男性の心を鷲掴みにします。男性の心を捉える絶好の機会であるお花見デートを成功させるために、今回は9コのポイントをご紹介させて頂きます。

  • 【1】デート時間を考慮すること。

    当然のことですが、お腹の減るランチ時間が適切でしょう。

  • 【2】相手にお弁当を持っていくことを伝えておくこと。

    お腹を空かせて来てくれる可能性があります。お腹が減った状態で、お弁当を食べて貰うことで、さらなる高評価を獲得できるかもしれません。

  • 【3】嫌いな食べ物を予め聞いておくこと。

    このような気遣いに男はグッときます。

  • 【4】レシピサイトで学習すること。

    自信がなければ、事前に練習しておいてもいいかもしれません。当日の失敗は致命的です。

  • 【5】容器などでカワイイらしさを演出すること。

    意外に男性は容器も見ています。見た目は大事です。

  • 【6】食べやすいサイズを考慮すること。

    お花見において「切り分ける」ことは難しい作業です。一口で食べれるサイズを考慮することは重要な要素です。お弁当の基本かもしれませんが、念のため。

  • 【7】ウェットティッシュを用意すること。

    お花見デートでは、お手拭をもって来てくれる店員さんもいません。また、食事の前に、ウェットティッシュが当然のごとく出てくるだけで、男性がグッときます。

  • 【8】レジャーシートを持っていくこと。

    お弁当を食べる環境を整えるために必要な備品となります。お弁当のクォリティーだけではなく、環境作りも重要なポイントとなります。

  • 【9】「おいしい?」と感想を聞き出そうとしないこと。

    「おいしい?」と無理やり聞いたのでは、男性も「おいしいよ。」と答えるしかありません。不安な気持ちも分かりますが、男性から「おいしいよ。」と言ってくれるまで待った方が賢明です。

皆様はお花見デートでお弁当を持っていくとき、どのようなことに注意しているのでしょうか。皆様のご意見もお待ちしております。
Photo:All images by iStock