クリスマス当日、寂しさを紛らわせるための考え方とひとりで過ごす方法7パターン


クリスマス当日、寂しく過ごす方もいらっしゃると思います。今回、できる限り充実したクリスマスを過ごすためにも、「クリスマス当日、寂しさを紛らわせるための考え方とひとりで過ごす方法7パターン」をご紹介致します。

  • 【1】恋人のいない女同士でパーティを行う。

    女同士で盛り上がり、寂しさを忘れる方法です。来年の恋の抱負など語ってみてはいかがでしょうか。自ら声をかけて、メンバーを集めてみてはいかがでしょうか。

  • 【2】ひとりで美味しいものを食べる。自分にクリスマスプレゼントする。

    自らのプレゼントによって、寂しさを紛らわせる方法です。クリスマスらしさを演出するために、ご自宅で美味しいものを食べてみてはいかがでしょうか。(外食だとカップルが溢れ、悲しい気分になる可能性があります。)また、自分ご褒美として買い物をしてみてはいかがでしょうか。これも一つの思い出となるかもしれません。

  • 【3】DVDをレンタルし、家で映画鑑賞する。

    テレビなどのクリスマスに関する情報を遮断し、時間を過ごす方法です。「映画」の世界に没頭することで、寂しい気持ちを忘れることができるかもしれません。

  • 【4】仕事に没頭する。

    仕事に没頭することで、クリスマス関連の情報が遮断する方法です。クリスマスムードのない職場にいることで、クリスマスであることを忘れ、寂しい気持ちを抑えることができます。年末の仕事を一気に片付けて、充実した年末を迎えるための下準備をしてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】早く寝る。

    早く寝てしまって、クリスマスに関する情報を遮断する方法です。クリスマスが過ぎてしまえば、一気に年末年始ムードとなります。睡眠時間をたっぷりと確保して、普段の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

  • 【6】教会のミサや礼拝に挑戦してみる。

    敢えてクリスマスムードに浸たってみる方法です。敢えて「クリスマスだからできること」に挑戦してみてはいかがでしょうか。聖歌隊の歌声を聞けば、心も和むかもしれません。

  • 【7】サンタのボランティアに参加してみる。

    人に幸せを与えてみてはいかがでしょうか。自身がサンタ役として、子供たちを喜ばせることで新しい発見や出会いがあるかもしれません。

皆様はクリスマスにどのようにお過ごしになるでしょうか。素敵なクリスマスとなることを祈っております。
Photo:All images by iStock