気になる人からクリスマスの予定を聞かれたとき、「恋人がいない女同士で寂しく反省会だよ。」と答える5つのメリット


クリスマスムードが高まる12月において、クリスマスの予定を聞かれる方もいらっしゃると思います。もし気になっている人からクリスマスの予定を聞かれた場合、皆さんはどのように答えているでしょうか。今回は、「恋人がいない女同士で寂しく反省会だよ。」と答えることをオススメします。この答え方には、5つのメリットがあります。

  • 【1】彼氏がいないことを伝えることができる。

    クリスマスは恋人たちだけのものではありません。恋人のいない方にとって、「私は、恋人がいません。」と公にアピールできる絶好の機会です。クリスマスの予定を聞かれたことをきっかけに、恋人がいないことを男性に伝えましょう。これは、男性を恋愛モードにさせるための第一歩です。

  • 【2】「寂しく」というセリフにより、素直な女性だと思われる。

    「寂しく」という言葉がポイントとなります。「恋人がいないクリスマス=寂しい」という一般的な想像できるような感情を素直に披露することで、自分の感情に素直な女性だと思われ、好感度がアップします。一方、クリスマスの話題を出すだけで、「クリスマスの起源というのはそもそも...」「商業戦略に乗せられているだけ。」とムキに答える人がいます。このような対応では、予定を聞いてきた相手に対していて良い印象を与えないので注意しましょう。

  • 【3】「反省会」というキーワードにより、恋愛に対して関心があることを伝えることができる。

    「反省会」というキーワードにより、恋愛に対する関心があることをアピールすることができます。このキーワードによって、男性は、「もしかして、好きな人がいるのかな?」「もしかしたら、デートに誘ったらOK貰えるのかな?」と考えを巡らせる可能性があります。男性が想像する機会を与え、不安と期待が混ざる不安定な気持ちにさせることで、男性の気持ちを高めることが可能となります。

  • 【4】クリスマス直前に誘ってもOKするような軽い女じゃないことをアピールできる。

    もっとも重要な項目です。既にクリスマス当日の予定が入っていることが重要です。クリスマス直前になっても特に予定もなく、男からの誘いを待っている女性に男性は魅力を感じません。すぐにデートに誘って食いつく女性よりも、既に予定が入っており、都合通りいかない女性の方が断然魅力を感じます。クリスマス直前に誘ってもOKするような軽い女じゃないことをしっかりとアピールしてください。

  • 【5】「今度、デートに誘ってみよう。」と思わせるキッカケとなる。

    恋人がいない人にとって、クリスマスは、年末年始デート実現の準備期間です。ちょっと気になる男性に対して、「クリスマスに一緒に過ごす男性がいないこと」、「恋愛に興味があること」を遠回しにアピールして、男性からアプローチして貰えるように働きかけましょう。もしかしたら、年末年始にかけて男からお誘いがあるかもしれません。

皆様は、クリスマスの予定を聞かれたときにどのように答えているでしょうか?皆様のご意見もお待ちしております。
Photo:All images by iStock