ずっとラブラブでいるためのカップルのルール9パターン


幸せなお付き合いのために、二人の間に「ルール」を設けているカップルは少なくありません。交際が長く続いているカップルは、いったいどんなことを約束しているのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者の意見を参考に、「ずっとラブラブでいるためのカップルのルール」をご紹介します。

  • 【1】ケンカしたら必ずその日のうちに仲直りをする

    「次の日に持ち越すと余計に気まずくなるので」(20代女性)というように、言い争いをしたときは、当日中に解決することを約束しているケースです。どうしても怒りが収まらないときは、しばらくトイレにこもるなどして、冷静さを取り戻すようにしましょう。

  • 【2】言いたいことを飲み込まず、お互い納得するまで話し合う

    「我慢しすぎるといつか爆発しちゃう」(20代女性)というように、不満を腹にため込むのを防ぐために、何でも言い合える関係をつくるべきだと語る人もいます。言いたいことを言うといっても、自己主張ばかりするのではなく、お互いに価値観の違いを受け入れる姿勢が求められるでしょう。

  • 【3】ウソや隠しごとをしない

    「ウソをつかないって基本中の基本だと思う」(10代女性)というように、「隠しごとはなし」と決めることで、不安をなくすパターンです。とはいえ、何でも白状すれば許されるというわけではないので、相手を裏切るようなことはしないのが大前提となるでしょう。

  • 【4】異性を含む飲み会に参加するときは事前に連絡する

    「SNSかなんかで写真が出てきたりするとややこしい」(20代女性)というように、男女混合の集まりに行くときは、事前にパートナーの許可を取ることにすると、誤解が生まれにくくなるようです。相手を安心させるために、飲み会が終わったときの報告も忘れないようにしましょう。

  • 【5】忙しくても、1日1回は必ずLINEや電話でコミュニケーションを取る

    「1日空くと、その分心が離れる気がする」(10代女性)というように、どんな形でもいいので毎日連絡を取り合い、絆を確かめ合うカップルもいます。「寝る前に必ずお休みLINEを送る」というように、1日のスケジュールに組み込むといいでしょう。

  • 【6】いってらっしゃいのキスなど、スキンシップを習慣にする

    「マンネリ防止に効果的」(30代女性)というように、恋人同士のドキドキ感を忘れないために、意識的にスキンシップの機会を設けるケースです。交際期間が長かったり、同棲しているカップルが緊張感を保つためにも有効でしょう。

  • 【7】「おい」や「ねえ」と言わず、きちんと名前で呼ぶ

    「熟年夫婦みたいになってはダメ」(30代女性)というように、新鮮な関係を維持するためには、きちんとファーストネームで呼び合ってみるといいようです。二人の間でしか通じない秘密のニックネームを使用するのもアリでしょう。

  • 【8】たとえ友達でも、異性とは一対一で会わない

    「万が一ってことがあるから」(20代女性)というように、男女のあやまちを避けるために、友人関係であっても異性と二人きりにならないことを掟にしているカップルもいます。とくに、元カノ、元カレなどに会う場合は「人目のあるところで、誰かに同席してもらう」のが基本でしょう。

  • 【9】オナラも含め、どんなことも我慢しない

    「自然体でいられないと長く付き合うのは無理です」(30代女性)というように、カッコいいところだけを見せようと無理をせず、ありのままの自分をさらけ出すことをルールにしているパターンです。とはいえ、だらしない姿を見せすぎると、異性として見られなくなるおそれもあるので、恥じらいは失わないようにしたいところです。

ほかにも「ずっとラブラブでいるためのカップルのルール」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(外山武史)