「料理上手なコだなぁ」と男性をほれぼれさせるメニュー9パターン


男性受けする手料理というと「家庭的で慣れ親しんだメニュー」が定番ですが、献立によってはさらに料理の腕もアピールでき、男性の心をつかむことができるようです。では、男性はどんな料理に感心してしまうものなのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「『料理上手なコだなぁ』と男性をほれぼれさせるメニュー」をご紹介します。

  • 【1】味付けが大変そうな「サバの味噌煮」

    出典:banjyo.jp

    「適当に作ってもうまくいかないと思う」(30代男性)など、サバの味噌煮はていねいな下ごしらえや「慣れ」がないと作れないメニューだと思われているようです。実はさほど難しくないので、きちんとレシピ通りに作れば、かけた手間以上に驚いてもらえるかもしれません。

  • 【2】基本だからこそ差の出る「肉じゃが」

    出典:ebarafoods.com

    「定番中の定番だけに、他の女性と比較しやすいかも…」(20代男性)など、女性が男性に振る舞う手料理として誰もが思い浮かべる肉じゃがは、男性のジャッジがやや厳しくなることもあるようです。その分、一手間かけておいしく作れば一気に評価も高まりそうです。

  • 【3】手間がかかってそうな「コロッケ」

    出典:imato.tokyo

    「揚げ物って面倒ですよね」(20代男性)など、ついつい買って済ませたくなるコロッケを作ると、ラクなほうに逃げないしっかり者という印象を与えることができそうです。相手の好物を具に加えるなど、市販のお総菜とは違ったアレンジができると、さらに喜ばれるでしょう。

  • 【4】見た目に腕がモロに出る「オムライス」

    出典:gnavi.co.jp

    「何回も作ってないと、きれいな形は出せないと思う」(20代男性)など、人気のオムライスは、仕上がり具合までしっかりチェックしてしまう男性が多いようです。それだけに、きれいに成形されたオムライスには、男性も「おおー!」と感嘆の声を漏らすのではないでしょうか。

  • 【5】ベタだけにアレンジが光る「カレー」

    「まず失敗しないと思うので、味勝負になりそう」(30代男性)など、カレーはこだわり派の男性も多いため、シビアに味を吟味されることもあるようです。ただしアレンジしやすいメニューでもあるので、季節感や男性の好物を取り入れるなどひと工夫してみるといいでしょう。

  • 【6】付け焼き刃じゃなさそうな「郷土料理」

    「親から受け継いだんだろうな、と想像が膨らむ」(30代男性)など、郷土料理に「温かい家庭」を感じてほっこりしてしまう男性もいるようです。「お正月料理の定番」など、地元でどのように食べてきたのか、料理の背景について話してあげると、男性の食いつきがさらに良くなりそうです。

  • 【7】手際がわかりやすい「野菜炒め」

    「シンプルだけど、腕が問われますよね」(20代男性)など、野菜炒めは日常的に料理をしていることをアピールするのに最適なメニューのようです。具材にこだわらず、冷蔵庫にあったもので手早く作れると男性の評価は高まるようです。

  • 【8】パラパラ加減がむずかしい「チャーハン」

    「自分でやってもうまくいかないことが多いから」(10代男性)など、チャーハンは男性が実感を持って難しさを認めているようです。火加減のコツなどを男性にレクチャーできれば、興味深く聞いてもらえそうです。

  • 【9】脇役だけに料理好き度がうかがえる「きんぴらごぼう」

    出典:photoclip.net

    「メイン料理以外も充実していると、料理が好きな人だと思う」(40代男性)など、きんぴらごぼうは気の利いたサイドメニューとしての評価が高いようです。短い時間の中で2、3品作ることができるのも、料理上手の重要な要素なのかもしれません。

ほかにも「『料理上手なコだなぁ』と男性をほれぼれさせるメニュー」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock