男性がしみじみ「この子のことが好きなんだな」と実感する瞬間9パターン


ぼんやりした好意を「恋」だと確信し、思わずニヤけてしまう瞬間というものが男性にもあるようです。では、男性はどんなときに自分の恋心にはっきり気づくのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「男性がしみじみ『この子のことが好きなんだな』と実感する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「バイバイ」と別れた後、すごく寂しく感じたとき

    「もうちょっと一緒にいたかったな、なんて思ったり」(10代男性)など、名残惜しさを噛みしめる男性は多いようです。やはり、別れ際はとびきりの笑顔で強く印象づけたほうが、男性の心に残りやすいと言えるのではないでしょうか。

  • 【2】地震などで危険を感じると同時に顔が思い浮かんだとき

    「自分にとって大きな存在なんだとわかる」(20代男性)など、危機的な状況に置かれることで、自分の本能、本心と向き合う男性もいるようです。「今の地震、平気だった?」などの気遣いメールが男性から来たら、特別な好意を持たれている可能性が高そうです。

  • 【3】他の女性と二人で食事をしていると、微妙に罪悪感を覚えたとき

    「俺は何をしているんだ、って勝手に焦ったりする(笑)」(20代男性)など、他の女性と過ごすことで、より気になる相手の存在が大きくなるという男性もいるようです。逆に二人でいるときに他の女性のことを無邪気に楽しく話す男性は、心ここにあらずといった状態なのかもしれません。

  • 【4】「どうせうまくいかない」と距離を置くつもりが、笑顔を見て決心が吹っ飛んだとき

    「当たって砕けてもいいと思えた」(20代男性)など、「好き」という感情が不安な気持ちに勝ったとき、その思いがホンモノだと思う男性もいるようです。自分に自信がない男性でも、女性からの熱心なアプローチによって気持ちが傾くこともあるでしょう。

  • 【5】他の男と話しているのを見て、嫉妬している自分に気づいたとき

    「自分の反応に驚きました」(10代男性)など、モヤモヤした感情がきっかけで恋心に気づく男性もいるようです。気になる男性の前であえて他の男性と親しげに接することがいい刺激になることもありそうです。

  • 【6】夢に出てきたとき

    「相手のことを思ってないと夢に出ないと思う」(20代男性)など、夢が女性を意識するきっかけになったという男性は意外と多いようです。「こないだ夢に出てきたんだよ」と男性に話しかけられたら、好意を持たれている可能性があるかもしれません。

  • 【7】会話をしながら、頬がゆるまってしまうのを感じたとき

    「話しながら幸せを噛みしめてます」(30代男性)など、好きな女性といるとつい顔がほころぶという男性は多いようです。訳もなくニヤついている男性は、実は喜びを抑えるのに必死なのかもしれません。

  • 【8】ラブソングを聴きながら、歌詞に出てくる女性としてイメージしていたとき

    「ベタですけど、妄想に浸っちゃいます」(10代男性)など、恋するシーンを思い浮かべたとき、改めて気になる女性を意識する男性もいるようです。曲への思い入れも強くなるようなので、付き合うことになった彼から思い出の曲を紹介されても、あまり茶化したりしすぎないほうがいいでしょう。

  • 【9】無意識に目で追ってしまっていたとき

    「で、目が合ってあわててそらしたり」(20代男性)など、気になる女性に釘づけになってしまうという男性は多いようです。ちょっと挙動不審な視線を感じても、好意があるゆえかもしれないので、大目に見てあげてはいかがでしょうか。

ほかにも「男性がしみじみ『この子のことが好きなんだな』と実感する瞬間」はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。(BLOCKBUSTER)
Photo:All images by iStock