女子会で話すと「モテ子め!」と反感を買ってしまうエピソード9パターン


男子ウケのいい「モテ子」は、女子から敬遠されがちです。恋愛相談をするつもりでうっかりモテエピソードを披露してしまい、女友達から嫌われたら大変! そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子会で話すと『モテ子め!』と反感を買ってしまうエピソード」をご紹介します。

  • 【1】好きでもない人からアプローチされて困っている

    「モテていいですねー。自慢?」(20代女性)など、自分がどんなに困っていても、これは明らかなモテエピソード。自慢と受け取られても仕方がないかもしれません。男性からのアプローチに行き過ぎた部分があるなら、そこにフォーカスして話すといいでしょう。

  • 【2】思春期以降、彼氏が途切れたことがない

    「何年も彼氏がいない子もいるのに、どこが悩み?」(20代女性)など、自分では告白されるままに付き合う現状への不安を吐露したつもりでも、彼氏ができない女性陣からは反感を買いそうです。「誘われると断れない」など自分のダメな部分を先に話せば、印象が多少マシかもしれません。

  • 【3】外出すると必ずナンパされるのが面倒だ

    「ナンパなんかされたことない。いいなー」(20代女性)など、モテ子にとっては悩みの種のナンパも、未経験の女子にとっては「されてみたい」ものですらあるようです。友達が羨ましがる素振りをしたら、温度差を敏感に感じ取り、「危ない目にあった」などダイジェストを語りましょう。

  • 【4】自分でアクセサリーを買ったことがない

    「全部プレゼントってこと!? 住む世界が違うわ」(20代女性)など、モテ子が何気なく語ったエピソードが波紋を生むこともあるようです。「こんな悪趣味なアクセをもらった」など、オチを付けて話すと安全でしょう。

  • 【5】過去に付き合った彼氏は、一度も自分から好きになったことがない

    「全部コクられてるわけね、ハイハイ(苦笑)」(20代女性)など、「私には恋愛感情がないのでは」と真剣に悩んでいても、周囲は「毎回告白される」という部分が引っかかるようです。「好きな人ができない」などの言い方に変えると、もう少し真面目に聞いてもらえるでしょう。

  • 【6】よく合コンに誘われるから断るのが大変だ

    「かわいいからでしょ? ムカつくわー」(20代女性)など、あたかも「私、美人だから」とアピールしているようにも受け取れる発言です。「お酒が飲めるから」「ノリがいいから」など、怒りを買わない理由を言い添えれば、共感してもらえるかもしれません。

  • 【7】仕事相手が自分を恋愛対象としか見てくれない

    「どこがイヤなの? 別にいいじゃん」(20代女性)など、仕事命の女性にとっては悩ましい問題ながら、恋愛第一主義の女性にとってはまったく共感できないポイントのようです。キャリア志向の高い女性に話せば、モテ自慢とは受け取られないでしょう。

  • 【8】なぜか「恋多き女」イメージがつきまとう

    「あんたモテるからね!! 『なぜか』ってとこが腹立つ」(20代女性)など、美人が無自覚に相談すると、相手を苛立たせてしまいそうです。「遊んでいると思われる」などニュアンスを変えると、少しは親身になってくれるかもしれません。

  • 【9】恋愛相談できるような男友達がいない

    「そりゃ全員があんたのこと好きだもんねぇ(怒)」(20代女性)など、男友達ができない原因を考えずに発言すると、ブーイングが起こりそうです。「恋愛体質で男友達ができない」など、自分側の欠点として語れば、腹を立てる人も少ないでしょう。

ほかにも「こんな発言は『モテ子め!』と女友達を怒らせる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock