彼女を束縛しない男性の本音9パターン


恋人から激しく束縛されて困るケースもあれば、あまりに放置されて不思議に思うケースもあります。では、彼女をまったく束縛しない男性には、どんな考えがあるのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼女を束縛しない男性の本音」をご紹介します。

  • 【1】自分も彼女に束縛されたくないから

    「自分だけ束縛して、彼女に『しないで』とはいえないしね」(20代男性)など、自分が束縛されたくないために、お互いに自由な状態を目指しているパターンです。「放っておかれているみたいで寂しい」と本音を伝えると、もう少し踏み込んできてもらえるかもしれません。

  • 【2】束縛するほど彼女に関心がないから

    「正直、どこで何しててもいいし(苦笑)」(20代男性)など、すでに彼女から興味を失っているために束縛しないケースです。自分を思って束縛しないのか、愛情がないから束縛もないのか、ほかの男性と遊ぶ予定などを話して、温度感を確かめる必要があるでしょう。

  • 【3】過去の恋愛で束縛しすぎたことを反省しているから

    「好きだからって束縛しすぎてふられた経験アリ…」(20代男性)など、過去の恋愛での失敗から、できるだけ束縛しないよう努力する男性もいるようです。「ちょっとはヤキモチ焼いてほしいな」などとかわいく甘えると、彼氏が束縛に対して抱いている恐怖感も薄れるのではないでしょうか。

  • 【4】彼女を信頼していて束縛する必要を感じないから

    「束縛するってことは、信じてない証拠だと思う」(20代男性)など、ふたりの間に強い信頼があれば束縛する必要はないと考える男性もいます。彼氏の信頼を裏切って悲しませることのないよう、慎重な行動を心がけましょう。

  • 【5】束縛したことが原因で嫌われたくないから

    「束縛って嫌がる子も多いし、気になることがあってもなかなか聞けない」(20代男性)など、嫌われるくらいなら詮索しないでおこうと考える男性もいるようです。自分から色々報告すると、彼氏のモヤモヤを解消してあげられるのではないでしょうか。

  • 【6】自分が彼女から愛されている自信があるから

    「絶対にほかの男に目移りしない自信があるから、縛りつけても意味ない」(20代男性)など、絶対的な愛情に裏打ちされた自信から、彼女を自由にさせるパターンです。ヤキモチを焼かせようなどと画策すると、怒らせてしまう可能性が高いので、彼氏の愛情を試すような行為はやめましょう。

  • 【7】彼女には自分といるとき以外の時間も楽しんでほしいから

    「恋人がいても恋愛だけが生活のすべてになるのはよくないと思う」(20代男性)など、「友だちと過ごす時間も大切にしてほしい」という考えから、自分以外の人との時間を温かく見守るケースです。ときには「あなたのおかげで楽しい時間が過ごせた」と感謝の気持ちを述べて、愛情表現をしましょう。

  • 【8】実は自然消滅を狙っているから

    「ちょっとずつ連絡の頻度を減らしてるときに束縛なんかするわけない(苦笑)」(20代男性)など、別れの前兆として束縛する気がないないケースです。束縛どころか連絡すらも少なくなっていないか、一度確認してみたほうがいいでしょう。

  • 【9】男として器の大きなところを見せたいから

    「束縛すると小さい男だと思われそう」(20代男性)など、イチイチ細かいことまでチェックする人間だと思われたくないために、「気にならないフリ」をする男性もいるようです。束縛のない今の状態が気楽でいいと思うなら、「理解のある彼氏で嬉しい」と褒めるといいでしょう。

ほかにも「これが束縛しない男性の本音だ」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock