彼女がいくら一生懸命話していても、男性にとっては興味がわかない話題9パターン


彼女の話を男性が内心「つまらない」と思っていても、面と向かって伝えにくいもの。一緒にいても退屈だと思われ続けたら取り返しのつかない溝が二人の間にできてしまうことも…。そこで、今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに、「彼女がいくら一生懸命話していても、男性にとっては興味がわかない話題9パターン」を紹介します。

  • 【1】どう反応すればいいのかわからない「いつも通りの日常生活の報告」

    「だからどうした?と思う」(20代男性)など、取り立ててトピックスもない日常を報告され退屈に感じる男性は多いようです。彼の趣味や仕事と関連しそうな話題を織り交ぜるなど、興味を持ってもらう工夫をしてみてはどうでしょうか。

  • 【2】女性の嫌な面を見せられているようで引いてしまう「女友達の愚痴」

    「陰口を聞かされているようで嫌」(30代男性)と、友人の愚痴を聞かされて、不快になる男性もいます。友人関係の悩みを彼に相談したいときにも、友人を一方的に悪者にするような言い方は避けたほうがいいでしょう。

  • 【3】他の男の話をされて嬉しいわけがない「男友達と遊んだエピソード」

    「『楽しくてよかったね』とも言いたくないし…」(20代男性)など、他の男性が登場する話題は多くの男性に嫌がられるようです。彼にあらぬ疑いを抱かれる可能性もあるので、特に彼の知らない男友達と会った話は、会話に持ち出さないほうがいいでしょう。

  • 【4】結婚まで考えていない相手から聞かされてもどうしようもない「将来の夢」

    「『頑張って』と言っても無責任っぽいし…」(20代男性)と、どんな内容であっても、女性が「未来像」を語ると、結婚を迫られていると感じて耳をふさぎたくなる男性もいるようです。あくまで自分個人の話で彼と直接関係がないことを匂わせれば、話を聞いてくれるかもしれません。

  • 【5】自分も好きでないと話についていけない「お気に入りのアーティストの話」

    「知らない曲の良さを語られても…」(20代男性)など、音楽は人によってハッキリ趣味が分かれるため、好みでないアーティストの話に興味を持つのはなかなか難しいようです。いきなり魅力を語るのではなく、まずはCDを渡して聴いてもらうよう頼んでみてはいかがでしょうか。

  • 【6】「男に話してどうしたいの?」と思う「ファッションやコスメの話」

    「ちんぷんかんぷん。女同士でやって」(20代男性)のように、女性ならではの話題についていける男性は少ないようです。特に、コスメについては基本的な知識すらない男性が多いので、美容関係の話題は女子会限定にしたほうがいいかもしれません。

  • 【7】同意しても否定しても怒られそうな「家族の悪口」

    「同意を求められても困る」(30代男性)など、家族のグチを聞かされても対応のしようがなく、困惑する男性は多いようです。そもそも家族の話題は、結婚を連想して及び腰になる男性もいるので、頻繁に家族ネタを振るのは避けた方がいいかもしれません。

  • 【8】アドバイスを求められても困ってしまう「自分が知らない友人の恋愛相談」

    「自分には関係ないし…」(20代男性)のように、多くの男性は恋愛トークに退屈さを感じるようです。男の立場からの意見を求めているならば、「あなたならわかると思って」など頼る姿勢を見せ、男心をくすぐる聞き方をしてみてはいかかでしょうか。

  • 【9】興味がないとつまらないだけの「少女漫画の話」

    「アツく話されても、読みたい気には…」(20代男性)など、男性には「異世界」に感じるジャンルの話題は、食い付きが悪いようです。彼にも読んでもらいたい作品があるなら、まず彼の好きな漫画に関心を持ち、その上ですすめてはいかがでしょうか。

男性が興味を持ってくれない話題にはほかにどんなものがあるでしょうか。ご意見をお待ちしております。(鼠入昌史/Offce Ti+)
Photo:All images by iStock