モテる女子が、「男性受け」を意識しているファッションのポイント9パターン


女性にとってファッションは自己表現のひとつ。好きな服を自由に着て楽しむことはもちろん大切ですが、「周囲(異性)からどう見られるか」を意識することも重要です。そこで今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「モテる女子が、『男性受け』を意識しているファッションのポイント9パターン」をご紹介します。

  • 【1】個性的すぎない、シンプルで爽やかなカラーの服装を心がける

    「オシャレすぎても男性は理解できないから。白基調のコンサバスタイルが一番受ける」(20代女性)など、定番コーディネート&爽やかカラーの安定感は抜群のようです。最先端のオシャレは、多くの男性にとって難解すぎるのかもしれません。

  • 【2】男性と会う日は、パンツよりもスカートを選ぶ

    「スカートをはいてる日の方が、男性から話しかけられる率が高い」(10代女性)など、パンツよりもスカートをはくだけで、女性らしさを明快にアピールできるようです。ただし、時、場所、場合に即した服装は意識しアウトドアで遊ぶ日などは避けた方が無難でしょう。

  • 【3】ストレートのロングヘアを丁寧に手入れして、艶を出す

    「やっぱり黒髪ロングは受けがいい。でもボサボサだと逆効果になりそう」(20代女性)など、艶やかな長い髪は女性らしさの象徴といえます。日頃から丁寧にケアしておくことで、ロングヘアの魅力を一層引き立てることができそうです。

  • 【4】首、脚、胸元など、自信のあるパーツは肌を見せて強調する

    「デートの日はショーパンで美脚を見せる(笑)」(10代女性)など、自信を持って見せられるパーツは、わかりやすく強調することも大切なようです。ただし、いくら自信があっても露出しすぎるのはNG。アピールするのは一カ所に留めておきましょう。

  • 【5】Tシャツ+デニムなどのお気楽ファッションは避ける

    「男性の前に出る日は多少気合を入れるべき」(20代女性)など、あまりにカジュアルすぎる服装だと、女性らしさを表現するのは難しいようです。Tシャツ+デニムが悪いわけではありませんが、TPOに合わせて臨機応変にスタイルを変えるべきでしょう。

  • 【6】アクセサリーはジャラジャラ重ね付けせず、控えめにする

    「小振りなネックレスと指輪だけ、が一番受けが良かった」(20代女性)など、アクセサリーはオシャレに欠かせないアイテムですが、あまり多すぎると逆効果になるようです。「お気に入りの1点」を上手に使いまわすくらいが丁度いいのかもしれません。

  • 【7】花柄やレースなど、かわいいデザインを控えめに1点だけ採り入れる

    「清楚なタイプだと思ってもらえる」(20代女性)など、花柄やレースといった女性らしい要素を少し加えるだけで、男性は奥ゆかしさを感じ取ってくれるようです。ブラウスの襟やスカートの裾など、さりげない部分に採り入れてみてはいかがでしょう。

  • 【8】気になる男性と会う日は、極端すぎない範囲でミニスカートをはく

    「さらにニーハイで絶対領域を作る」(10代女性)など、やはり男性からのミニスカート人気は高いようです。ただし、ミニスカートのときはキチンと脚を閉じて座るなど、だらしなく見えないよう普段以上に気をつけましょう。

  • 【9】女友達と会う日よりもメイクをナチュラル系にする

    「やりすぎと思われないように、薄化粧を心がける」(20代女性)など、『メイクの濃さ』の基準は男女でやや異なるようです。つけまつげはやめるなど、女性同士で会う日よりも抑えめのナチュラルメイクの方が、男性には好印象を与えられるようです。

ほかにも、「モテる女子が、『男性受け』を意識しているファッションのポイント」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock