ギャップに思わずドキッとした、同僚のプライベートファッション9パターン


女性のオフスタイルを見たとき、普段との違いを感じてときめいてしまう男性は多いようです。では、具体的にどんな服装だとグッとくるのでしょうか。今回は、『スゴレン』男性読者に聞いた「ギャップに思わずドキッとした、同僚のプライベートファッション9パターン」をご紹介します。

  • 【1】女の子らしさナンバーワンの「パステルカラーのワンピース」

    「いつもの硬い制服姿と違って、何十倍も可愛く見える!」(20代男性)というように、女らしい雰囲気のワンピースは男性受け抜群のようです。普段地味な色の制服を着ている場合は、明るい色の服に身を包むことで、より同僚男性の心をつかめるかもしれません。

  • 【2】力の抜けたラフな感じが新鮮な「Tシャツ&ジーンズ」

    「気合いが入りすぎていなくて良い」(30代男性)というように、隙がないスタイルの多い女性が、リラックスした格好を見せると男心をくすぐるようです。ただし、ネイルや髪の毛には気を配り、女性らしさは忘れないようにしましょう。

  • 【3】いつもはメガネをかけている人の「コンタクト」

    「実は美人だったんだ!と興奮する」(30代男性)など、普段メガネをかけている人がコンタクトにするだけで、男性はドキドキしてしまうそうです。職場でも休憩中にメガネをはずしてみるなど、日常的に取り入れられるテクニックかもしれません。

  • 【4】初めて見る脚にドキドキする、パンツスーツ派の女性がはく「ミニスカート」

    「やっぱり美脚には見惚れちゃう」(20代男性)というように、多くの男性は女性のキレイな脚に弱いものです。いつもパンツスタイルばかりで脚を出すことに抵抗があるという人は、ロングスカートをはくだけでも大きなギャップを出せるのではないでしょうか。

  • 【5】かっちりした制服から一転、チラリズムにドキッとする「胸元のあいたシャツ」

    見えそうで見えないと余計に萌える男性は多いようで、「かもしだすフェロモンにイチコロです」(20代男性)という声も多く寄せられました。ただし、はだけ過ぎは逆に下品になってしまうので、あくまでもギリギリ見えないラインを保つのが肝心です。

  • 【6】いつもは隙がない人の素顔が垣間見える「ジャージ」

    「デキる同僚の日常を見てしまった気がして、ドキドキした」(20代男性)など、オシャレには程遠いジャージ姿を支持する男性も少なくありませんでした。普段完璧に仕事をしていればいるほど、その差に男性がクラッとしてしまうかもしれません。

  • 【7】クールなキャリアウーマンのイメージががらりとかわる、アクティブな「ショートパンツ」

    「ボーイッシュな一面を見られた気がする」(20代男性)というように、職場での冷静沈着な雰囲気とは違う活発な印象を感じて喜ぶ男性もいるようです。スニーカーをあわせて行動派の女子を演出すれば、アクティブな男性からさらに好印象を持たれるかもしれません。

  • 【8】作りこんでいない感じが好印象の「すっぴん風メイク」

    男性は、「自分だけが知っている一面」に弱いもの。「仕事中とは違って、あどけない顔が可愛い!」(20代男性)という意見もありました。ケバケバしたメイクより、薄化粧を支持する男性は多いので、休日に男性同僚と会う時は、ポイントメイクに抑えてみるのも手かもしれません。

  • 【9】何もいじってなくてゆるい感じが良い「ナチュラルヘア」

    「巻き髪も良いけど、何もしてないふんわりヘア最高!」(20代男性)というように、女性の作りこんでいない髪型に好印象を抱く男性もいるようです。ただし、髪の毛がボロボロに傷んでいては「手抜きヘア」にしか見えないので、日ごろからケアは怠らないようにしましょう。

男性が思わずときめいてしまう「同僚のプライベートファッション」には、他にどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(磯田大介/Office Ti+)
Photo:All images by iStock