付き合いたての彼氏が、「なんだか片思いのままだな…」と寂しくなる瞬間9パターン


男性からの告白を女性がOKすれば、2人は晴れて恋人同士。しかし、付き合い始めの時期だからこそ、気持ちがすれ違ってうまくいかないことは多々あります。そこで今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「付き合いたての彼氏が、『なんだか片思いのままだな…』と寂しくなる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いつも自分から連絡していることに気がついたとき

    「返信以外のメールが来たことない」(10代男性)など、メールや電話で連絡するのが決まって男性からだと、恋人同士になった実感が湧きづらいようです。特に用事はなくても、たまには女性の方からメールを送ることで、相手を安心させられそうです。

  • 【2】デートの約束を直前になってキャンセルされたとき

    「急用が入ったのはわかるけど…」(20代男性)など、恋愛初期の段階でデートをキャンセルすると、相手を不安にさせるようです。外せない理由があるなら、しっかり事情を説明して「次は○日に会おうね」と約束し直すのがマナーといえるでしょう。

  • 【3】お互いの生活リズムが、付き合う前と一切変わらなかったとき

    「俺の存在感って薄いんだなあ…」(20代男性)など、立場が恋人同士になっても、実際に連絡をとり合ってデートをしなければ、他人とあまり変わりません。「会いたい」という気持ちをメールや電話で伝えるなど、具体的な行動に移すことが大切でしょう。

  • 【4】きっちりデートの準備をしないと、「会いたい」と言えないとき

    「気軽に誘えないなんて彼氏っぽくない」(20代男性)など、恋人同士ならある程度は気安くデートを重ねることも大切です。たまには予定を決めずに待ち合わせるなど、ただ「会いたい」だけのデートを提案してみてはいかがでしょうか。

  • 【5】デートの別れ際に彼女が振り返らず、さっさと帰ってしまうとき

    「余韻がない」(10代男性)など、別れ際に彼女の姿が見えなくなるまで見送っている男性は意外と多いもの。最後の瞬間にくるりと振り返って手を振るだけで、デートの余韻を最後まで味わうことができるはずです。

  • 【6】何度デートしても、キスなどの進展がないとき

    「友達とあまり変わらない気がしてきた」(20代男性)など、恋人同士にとってスキンシップは重要な問題。何度デートを重ねても進展がないと男性は不安になるようです。彼氏が困っている様子なら、なぜイヤなのか話し合ってみてもよいかもしれません。

  • 【7】「好き」という直接的な意思表示がないとき

    「一度くらいはキチンと言われたい」(20代男性)など、男性から告白されて付き合い始めた場合、女性が「好き」という一言を口に出さないままのケースもあり得ます。気持ちがあるならハッキリと伝えることで、お互いに恋人同士の実感を味わえるはずです。

  • 【8】彼女が他の男性の話題をやたらと振ってくるとき

    「すでに他の男に目移りしてる気がする」(10代男性)など、まだ2人の関係が安定していない段階では、他の男性についての話題は避けた方が無難かもしれません。あらぬ疑いをかけられないためにも、彼氏本人についての話題を優先した方がよいでしょう。

  • 【9】彼女が自分について知りたがるような素振りを見せないとき

    「名前とケータイ番号以外、何も聞かれてないような…」(20代男性)など、彼氏へ基本的な質問をしないと、「自分に興味がないのでは」と思われてしまうようです。家族関係や仕事、趣味についてなど、聞くべきことは沢山あります。少しずつ尋ねていきましょう。

ほかにも「付き合いたての彼氏が、『なんだか片思いのままだな…』と寂しくなる瞬間」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock