「正直、見込みないと思う…」と女友達に思われる片想い9パターン


一度好きになった相手を嫌いになるのは難しいもの。でも、客観的に見て望み薄だと分かれば、踏ん切りをつけられるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「『正直、見込みないと思う…』と女友達に思われる片想い」をご紹介します。

  • 【1】偶然一目ぼれした相手で、しかも一度も話したことがない

    「だって、名前も知らないんでしょう…?」(10代女性)というように、通勤や通学中に見かけた男性に恋をしたと言われても、そこから恋愛に発展するのは考えにくいものです。ただし、学校が同じなどの共通点が見つかれば、仲良くなるチャンスが巡ってくるかもしれません。

  • 【2】せっかくデートしても、帰りに自宅近くまで送ってくれたことがない

    「本命なら送ると思うんだけど…」(20代女性)というように、デートの終わりに男性がドライな場合も、両想いになる可能性が低そうです。「もうちょっと一緒にいたいんだけど」などとお願いしても送ってくれないようなら、男性の気持ちを疑う必要があるでしょう。

  • 【3】男性に時間的余裕があるときしか、メールの返事がない

    「好きな相手ならすぐに返信ありそうなもの」(20代女性)というように、完全に相手都合でメールのやりとりをしている場合も、相思相愛になるのは難しそうです。ただし、時間が遅くなってもその日中に返信がある場合は、ただ単に忙しくて返せないだけかもしれません。

  • 【4】相手の男性が明らかにほかの女性に色目を使っている

    「あの人、私にも気があるそぶりをしているんですが…」(20代女性)というように、男性が自分だけに気があるのではなく、それこそ手当たり次第に女性と仲良くしようとしている場合もあります。女友達や知り合いに評判を聞いてみると、男性の本性が見えてくるかもしれません。

  • 【5】「奥さんも子供もいる先生」など、付き合える要素がまるでない

    「冗談でしょって疑うレベル」(10代女性)というように、周囲からは禁断の恋に憧れているだけと思われるようです。もし付き合えた場合に、幸せになれるかどうか、一度冷静になって考えてみたほうがいいでしょう。

  • 【6】相手の男性が「もうすぐ彼女と別れる」と言いだしてから半年以上経っている

    「それは別れないよ。絶対に」(20代女性)というように、女性の気を引くために、男性が彼女と別れるとウソを言い続けているケースもあります。彼女と関係が続いているようなら、二人の縁が切れるまでは距離を置くなどしたほうがいいかもしれません。

  • 【7】告白をすませたあと、男性からきちんとした返事をえられていない

    「都合のいい女にされてるよ…」(20代女性)というように、告白の答えを先延ばしにしている男性に、遊び相手にされている可能性もあります。告白の答えを曖昧にされているときは、「私のことどう思っているの?」などと想いを確かめたほうがいいかもしれません。

  • 【8】気になる男性が、遊び人としてかなり有名

    「たくさんいるうちの一人だよ」(20代女性)というように、そもそも男性が一人と向き合うタイプではないので、きちんと交際するのは考えにくいというケースもあります。ほかの女性の影を感じたら、男性がただの「女たらし」でないか冷静に分析する必要がありそうです。

  • 【9】どう考えても自分から見ているのに「男性がチラチラ見ている」とはしゃぐ

    「アンタがガン見しているから、向こうも気になるんじゃ…」(10代女性)というように、男性の視線をやたらと感じるときは、自意識過剰でないかを疑ったほうがいいでしょう。目が合う合わないで有頂天になるより、直接話して脈のアリ・ナシを判断したほうが現実的です。

「『正直、見込みないと思う…』と女友達に思われる片想い」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock