彼女を「面倒くさいな…」と思ってしまう瞬間9パターン


「彼女のことは本当に好きなのに、面倒になることもある」。これは多くの男性が感じていることです。それが繰り返されるとケンカや別れの原因にも。どんなときに男性はわずらわしさを感じるのかを知ると、最悪の事態を防げるかもしれません。そこで今回は、スゴレンの男性読者のみなさんの意見を参考に、「彼女を『面倒くさいな…』と思ってしまう瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「返信まだ?」とメールの返信を急かされたとき

    「事情があって返せないんだから、催促せずに待っていてほしい」(20代男性)というように、彼女からの返信を急かすメールにウンザリしている人もいます。彼氏の都合を考え、催促をするのは次の日まで待ってからのほうがいいかもしれません。

  • 【2】「誰と遊びに行くの?」とメンバーを細かく聞かれたとき

    「いちいち説明するのがめんどい」(10代男性)というように、遊びに行くときに友達の名前と関係を事細かに彼女に説明するのがわずらわしいという人もいます。彼氏が「○○の友達」などと答えたら、それ以上詮索しないほうがよさそうです。

  • 【3】「今日は機嫌が悪いの!」などと言って八つ当たりをされたとき

    「月に1回はそういう時期があるので辛い」(20代男性)というように、生理前などのイライラをぶつけられると、男性はやりきれない思いをするようです。攻撃的になってしまう自覚がある女性は、愛する人を傷つけないよう、会うのをガマンするほうがいいかもしれません。

  • 【4】どう見ても怒ってるのに「怒ってない」と言い張るとき

    「素直じゃないところが嫌になることも」(10代男性)というように、へそを曲げたときのガンコさに疲れている男性もいます。怒っているときは素直に理由を伝えて、彼氏ときちんと話し合ったほうが、長く円満なお付き合いをできるでしょう。

  • 【5】ちょっとしたことで「私なんて…」と落ち込んでいるとき

    「もちろん慰めますけど、それが続くとウザいかな」(20代男性)というように、ネガティブ発言があまりに多いと男性も気が滅入るようです。彼氏に愚痴を漏らすのもたまにならいいですが、それが続くと「一緒にいるのが嫌」(10代男性)になられてしまうかもしれません。

  • 【6】「今すぐ迎えにきて!」など愛情を試すためにわざとワガママを言っているとき

    「断ると泣いたりするので疲れる」(20代男性)というように、想いをはかるために、わざとワガママな要求をされることに嫌気がさしている男性もいます。わがままで愛情をはかることはできますが、繰り返されるとむしろ冷めていくと心得ておきましょう。

  • 【7】「付き合っているんだから毎日メールして!」とルールを押し付けられたとき

    「義務でメールしても楽しくないじゃん…」(10代男性)というように、彼女に自分流のルールを押し付けられて息苦しい思いをしている男性もいます。恋人同士の約束があってもいいですが、無理強いにならないよう、彼氏と話し合って決めたほうがいいかもしれません。

  • 【8】「似合う?」と聞くだけで何も買わない買い物につき合わされるとき

    「ものすごい疲れるし、時間がもったいない」(20代男性)というように、長時間のウインドーショッピングに付き合わされるのが苦痛だという男性もいます。時間がかかる買い物は、趣味の合う女友達とのほうが楽しめるのではないでしょうか。

  • 【9】「あの時もそうだったじゃない!」とずいぶん前のケンカを蒸し返されたとき

    「『いつの話だよ!』って思うくらい昔のことを言われる。根に持ちすぎでしょ」(20代男性)というように、昔のケンカの話を出されてゲンナリしている男性もいます。すでに仲直りしたケンカの話は持ち出さないのがエチケットと言えるのかもしれません。

「彼女を『面倒くさいな…』と思ってしまう瞬間」には、ほかにどんなものがあると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock