ちょっとドン引き…「彼氏いない歴=年齢」の理由9パターン


「一度も男性と付き合ったことがない」と告白すると、その理由次第では周囲からかえってあきれられるようです。では、どんな発言が危険なのでしょう。『スゴレン』読者への調査をもとに、男性が「『恋人いない歴=年齢』の女性に言われてドン引きした『彼氏がいない理由』9パターン」をご紹介。反面教師にして、男性に好印象を与えましょう。

  • 【1】ただの強がりにしか聞こえない「忙しくて恋愛している暇がないから」

    「仕事を理由にするのは、説得力ゼロ」(30代男性)など、虚勢を張っている感じが痛々しいと思う男性が多いようです。「プライドが高い女」と思われないためにも、言い訳はせず、素直に本音をさらけ出したほうがいいでしょう。

  • 【2】過去をひきずりすぎていて重たい「初恋の相手が忘れられなくて」

    「一途というより、正直怖い」(20代男性)と、昔の一方通行の恋に未練タラタラの女性は引かれてしまいそうです。初恋相手と今も会っているなど仲が発展する可能性がある場合以外は、積極的に出会いの場に参加して過去を忘れさせてくれる男性を探しましょう。

  • 【3】別にキレイでもないのに「私に釣り合う男がいないから」

    「その勘違いぶりに驚き」(20代男性)など、偉そうな理由にゲンナリする男性もいます。釣り合うか釣り合わないかは、付き合ってみないとわからないもの。いいなと思う男性を食事に誘ってみるなど、人を好きになる努力から始めましょう。

  • 【4】問題をすり替えているとしか思えない「私が男たちより仕事ができるから」

    「人のせいにしているところがヤバイ」(20代男性)など、「ひがまれているから」という態度は、男性から冷たい視線を浴びる結果になりそうです。上から目線がクセになっていないか自分を振り返り、謙虚な気持ちで接すると男性からの好感度がアップするかもしれません。

  • 【5】恋人持ちの女性からも反感を買いそうな「男性に媚びることができないから」

    「発想が貧困!」(20代男性)というように、色目を使わないと恋人ができないという考え方に違和感を感じる男性もいるようです。彼氏がいる女性を皮肉っているようにも聞こえかねないので、女友だちの前でも言わないよう気をつけましょう。

  • 【6】このまま一生恋人ができなそうな「自分のペースを乱されたくないから」

    「『勝手にどうぞ』と思っちゃう」(20代男性)など、自分から人を突き放すような態度を取ると、男性も距離を置きたくなるようです。本当にそう思っている場合は、「今は一人で楽しみたい」と期間限定であることを強調するといいかもしれません。

  • 【7】自意識過剰にもほどがある「高嶺の花だと思って誰も近づいてこないの」

    「ビッグマウスな女は嫌い」(20代男性)というように、自分を過大評価しすぎている傲慢さが「恋愛対象外」になる原因かもしれません。ただし冗談めかして言えば、「ユーモアのある楽しい女性」だと男性に思ってもらえそうです。

  • 【8】少女マンガのヒロイン気分な「白馬の王子様が現れるのを待っているから」

    「そもそもお前は姫じゃない!」(20代男性)と、幻想を見すぎている女性に男性は厳しい意見のようです。「白い車を持っているお金持ち」など、現実的な理想像を伝えればいい人を紹介してもらえる可能性もなくはないでしょう。

  • 【9】苦し紛れの言い訳にしか聞こえない「男がバカだから」

    「彼氏ができないのは、そんな性格だから」(20代男性)など、高飛車な発言が男性のひんしゅくを買ってしまうようです。「でも、そこがかわいかったりするのよね」と一言添えれば、「母性本能をくすぐりたい」とアナタに興味を持つ男性が現れるかもしれません。

ほかにも「『恋人いない歴=年齢』の女性に言われてドン引きした『彼氏がいない理由』」があれば教えてください。たくさんのご意見をお待ちしてます。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock