年下の彼氏にさりげなく「結婚願望」を伝える一言9パターン


女性が年上というカップルの場合、「自分は結婚適齢期だけど、彼が年下なのでなかなか結婚の話し合いができない」と悩む人も少なくないと思います。なるべく彼にプレッシャーを与えず結婚を意識させるにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に「『結婚したい』という気持ちを、年下の彼にそれとなく伝えるための一言」を考えてみました。

  • 【1】「同級生が今結婚ラッシュなのよね」と結婚適齢期であることをアピールする

    「結婚したくて焦っている気持ちを理解しやすいと思って」(30代女性)というように、同級生の話を通じていいお年頃であることを分かってもらえそうです。「とっても幸せそうだったよ」など、友達の様子に軽く触れると、彼にも意識してもらえるかもしれません。

  • 【2】「友達に二人目の子が生まれてさー」など、既婚である女友達の話題を出す

    「実際、子どもが二人もいてもおかしくない年齢なのよね」(30代女性)というように、既婚の友達の話をすれば、結婚がいかに現実的な話なのか気づいてもらえるでしょう。ただし、友達の愚痴や結婚生活の大変さなどは語らないほうがいいかもしれません。

  • 【3】「子どもつくるなら急がないと」など、出産のリスクについて教える

    「男性は意外と無頓着」(30代女性)というように、年齢が高まるにつれ出産のリスクも高くなることを説明すれば、彼も結婚を意識するかもしれません。子ども好きな彼の場合はとくにです。

  • 【4】「将来のことどう考えてる?」と軽いノリでたずねる

    「重苦しい空気にしちゃダメ!」(20代女性)というように、サラッと将来の展望を聞いてみるのもいいでしょう。勘のいい男性なら、「無理して明るく振る舞っているけど、勇気出して聞いたんだろうな」と解釈し、真面目に結婚を考えてくれるかもしれません。

  • 【5】「家賃とか光熱費とか二人で住んだほうが得なんだよ」と経済的優位を訴える

    「結婚願望ではなくあくまでメリットを伝える」(20代女性)というように、結婚という言葉を使わずに、ゴールインへの一歩を踏み出すこともできそうです。彼の腰が重い場合は、少しずつ物件を探すなどして結婚生活への関心を高めるといいでしょう。

  • 【6】「○○君とずっと一緒にいられたらいいんだけど」とつぶやく

    「なんでもないときに、ポロッと言うくらいがベスト」(30代女性)というように、秘めた想いを不意打ちで浴びせてみるのもいいかもしれません。普段は甘い言葉を使わないタイプの人が言うと、より彼の胸に響きそうです。

  • 【7】「毎日作ってあげたいな」と、手料理を褒められたときすかさずアピールする

    「料理で男性の胃袋をつかめって聞いたことあるし」(30代女性)というように、自慢の手料理をふるまったあと、それとなく本心を伝える手もあるようです。家庭的な面を見ると彼も結婚生活をイメージしやすいので、料理が不得意な女性は勉強してみてはいかがでしょうか。

  • 【8】「付き合いも長いし、両親に紹介したい」と言って外堀を固める

    「彼の親からもプレッシャーがかかるはず」(20代女性)というように、家族を紹介しあえば、「結婚はまだなの?」などと両親から自然と結婚の話題が出ることでしょう。ただし、付き合いが浅いと、「相当焦っているのかな」と彼が引いてしまうかもしれません。

  • 【9】「二人の関係をちゃんとしたいの」と男性に責任感を持たせる

    「ダラダラ付き合ってもね…」(30代女性)というように、二人の交際について考えるきっかけづくりをするという人もいます。真剣な表情で伝えれば、彼もきっと真正面から気持ちを受け止めてくれるでしょう。

「『結婚したい』という気持ちを、年下の彼にそれとなく伝えるための一言」には、ほかにどんなものが考えられますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock