「割り勘が当然!」という彼氏にたまにはおごってもらうための行動9パターン


「いつもじゃなくてもいいけれど、たまにはご馳走してもらいたい」というのが女性の本音。そこで、おごられ上手な『オトメスゴレン』女性読者への調査を元に、「『割り勘が当然!』という彼氏にたまにはおごってもらうための行動9パターン」をご紹介します。彼氏が「割り勘主義」の人は、試してみるのもひとつの手かもしれません。

  • 【1】先に自分がおごり、「次はお願いね」と伝える

    「自分からご馳走すると『次はおごって』と言いやすくなります」(20代女性)のように、恩に着せることで自己主張がしやすくなるようです。お金のことに限らず、してもらいたいことを先に彼氏にしてあげると、持ちつ持たれつのいい関係が築けるでしょう。

  • 【2】「いつも悪いな」と思ってもらえるように、ときおり手作り料理などでもてなす

    「彼氏から『おごりたい』と思われる女を目指しましょう」(20代女性)など、彼氏のために頑張る姿を見せるのもいいようです。ただ「女は男に尽くして当然!」と彼氏が図に乗る危険性があるので、ここぞというときのみもてなすのがいいでしょう。

  • 【3】別の男性におごってもらった話をして、彼氏のライバル心をあおる

    「職場の先輩にご馳走になった話をしたら、たまにおごってくれるように」(20代女性)と、他の男性を引き合いに出すことで対抗心を燃やす男性もいるようです。ただ浮気を疑われるとやっかいなので、嫉妬深い彼氏の場合はやめておきましょう。

  • 【4】「今月、ちょっとお金がピンチなんだ」と、デート前にさりげなく言う

    「ときには開き直ることも大事」(10代女性)など、素直にお金がないことを伝えるのも効果的なようです。とはいえ、デートのたびに金欠アピールをしていると「オレって、お財布代わり?」と思われかねないので、二人の記念日など特別なときにだけ言うようにしましょう。

  • 【5】お会計は彼氏に任せ、支払後に「いくら払えばいい?」と聞く

    「伝票を自分で取ると、自ら『割り勘で』と言っているようなもの」(30代女性)というように、お会計を彼氏に任せるのもコツのようです。支払い時はお店の外で待つなどして後から「払うよ」と伝えれば、「面倒だし、いいよ」と言ってもらえるかもしれません。

  • 【6】彼氏がデートに遅刻した際などに、「今日はおごりね」とペナルティー的に言う

    「彼氏の立場が弱いときを狙えば成功率が高い」(20代女性)など、何かの罰としてご馳走してもらうのもよさそうです。「がめつい女」と思われないよう、イタズラな笑顔でお願いするといいでしょう。

  • 【7】「今日はおごってもらおっかな」とかわいく甘えてみる

    「本当に好きだったら、彼女に甘えられるとうれしいはず」(20代女性)ということから、かわいくおねだりするのも有効な手段のようです。食事が終わり席を立つ際に、「今日はごちそうさま!」と言い切ってしまうのもいいかもしれません。

  • 【8】デートの際、財布にあまりお金を入れていかないようにする

    「『手持ちがこれだけしかなくて』と会計時にお財布を見せたら、ご馳走してくれました」(20代女性)のように、払いたくても払えないことをわかってもらうのもいいかもしれません。ただ「次は私がおごるね」と約束するなど、フォローは忘れずに。

  • 【9】彼氏の部屋の掃除や洗濯をしてあげ、「ご褒美におごって」と言ってみる

    「お礼としておねだりすると、ケチな彼氏の財布の紐もゆるみます」(20代女性)と、相手に一方的に求めるのではなく「ギブアンドテイク」の関係であれば気持ちよくごちそうしてくれるかもしれません。お店選びで庶民的なところを選べば、「謙虚な女」という印象を与えることもできるでしょう。

ほかにも「『割り勘が当然!』という彼氏にたまにはおごってもらうための行動」があれば教えてください。たくさんのご意見をお待ちしております。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock