もっと早く気づいておけば…恋愛していて後悔すること9パターン


恋が終わってから「あのとき、こうしておけば…」と悔やんだ経験を多くの方がお持ちだと思います。ほかの女性がどんなことで後悔しているのかを知れば、同じ過ちをせずにすむかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、「『もっと早く気づいておけば…』と後悔している、恋愛にまつわるあれこれ」を尋ねてみました。

  • 【1】彼氏がかなり重症なマザコンだったということ

    「困るとママに相談。何一つ自分で決められない」(30代女性)というように、自立していない男性が頼りなく見えてくるようです。会話中よく「お母さんが…」と言ったり、頻繁に母親と電話をしている男性には注意が必要かもしれません。

  • 【2】一度浮気した男性は浮気を繰り返すということ

    「信じて後悔。2度傷ついた」(20代女性)というように、裏切り行為をした男性を「一度の過ちくらいは」と信用しなければ、再び傷つかずにすんだのにと悔やむ女性もいます。浮気をした男性の「もう二度としない」は、言葉半分で聞いておいたほうがいいでしょう。

  • 【3】長く付き合える相手を選ぶためには、「彼氏に求めるもの」をきちんと自覚するべきだということ

    「なんとなく付き合ってたらダメ」(20代女性)というように、言い寄られるがまま、好みと違う男性と付き合ったため、長続きしなかった女性もいます。彼氏という存在に何を求めているのかを整理し、恋人を選ぶことも大事かもしれません。

  • 【4】幸せな付き合いをするためには相手の外見より内面を重視すべきだということ

    「別れの原因は、いつも内面の不一致」(30代女性)というように、相手がいくらイケメンでも、気が合わなければ幸せは続かないようです。見た目に惑わされず、たくさんの会話を通じて、男性の人間性を見極めることが大切でしょう。

  • 【5】出会いのない職場で働く前に、男友達をたくさんつくっておくべきだったこと

    「学生のころは、男に困るなんて思っていなかった…」(20代女性)というように、出会いのない環境になって初めて、男友達をぞんざいに扱っていたことを後悔する女性もいます。ただしSNSなどを使えば、同級生と再び仲よくなれるかもしれません。

  • 【6】たとえ愛があっても、借金を抱えている恋人と付き合うのは大変だということ

    「将来が見えません」(20代女性)というように、借金のある男性との付き合いは、お金のことに頭を悩ませるばかりで、それが原因で愛情も次第に冷めるようです。同様に、貯蓄ができない浪費家も、結婚に不安を感じるのでそれなりの覚悟がいるでしょう。

  • 【7】気になる男性には素直に気持ちを伝えるべきだということ

    「モタモタしてたら彼女ができてた…」(10代女性)というように、想いを伝えなかったことを後悔した女性も少なくありません。告白をためらっているときは、「告白しなかったらどうなるか」を考えて勇気を振り絞るといいでしょう。

  • 【8】ケンカしたときに、逃げずにとことん話し合うことが重要だということ

    「逃げても、二人の溝が深まるだけ」(20代女性)というように、お互いの腹の内をさらけ出すことの大切さに気づいた女性もいます。わだかまりが残ったままだと、いつかはそれが原因でダメになるもの。怖がらずに自分の気持ちをぶつける勇気が必要かもしれません。

  • 【9】「好き好きオーラ」を出しすぎると、男性が追ってくれなくなるということ

    「男性を安心させたら適当に扱われる」(20代女性)というように、女性の押しが強すぎると男性に興味を持ってもらえなくなるようです。一方的にメールや電話をせずに、ときには距離を置くなどの駆け引きも、恋がうまくいく秘訣でしょう。

「『もっと早く気づいておけば…』と後悔している、恋愛にまつわるあれこれ」には、ほかにどんなものがありますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock