浮気した男性が「もう二度とするまい」と猛反省した本命彼女の言動9パターン


浮気がバレたとき、彼氏は彼女の対応次第で、「一時の気の迷いだった」と後悔することがあるようです。では彼氏が「コイツしかいない」と改めて実感するのは彼女のどんな言動でしょうか。今回はスゴレンの男性読者の意見を参考に「浮気した男性が『もう二度とするまい』と猛反省した本命彼女の言動9パターン」を紹介します。

  • 【1】言葉少なに「…最低」とだけ言って見限られた

    「自分でもその通りだと思った」(20代男性)など、「最低」以外の何者でもないことをしてしまった自分に、男性は深く反省するようです。続けたい相手であれば時間を置いて「反省した?」などと光を与えてあげると、その器の大きさに感激する男性は多いでしょう。

  • 【2】「私よりその人のほうがいいんだね」と深く落ち込まれた

    「その言葉で目が覚めた」(20代男性)など、彼女と比べる状況になって初めて、男性は浮気相手は浮気相手でしかないと気づくようです。「あとはあなたが考えて」と結論を彼に任せると、女性の覚悟に危機感を抱き「お前しかいない」と言ってくれるかもしれません。

  • 【3】「本当のあなたはそんなヒドイことをする人じゃない」と純粋な瞳で訴えられた

    「俺のことそんなふうに信じてくれてるのに…」(30代男性)など、彼女からの深い信頼を知ると男性は、それを裏切った自分に嫌気がさすようです。さらに「今回は魔が差したと思う事にする」と寛大さを見せると、男性が「もう信用を裏切れない」と強く決意するかもしれません。

  • 【4】泣いた姿を見たことがなかったのに号泣された

    「ヒドイことをした」(20代男性)など、彼女が深く傷ついている姿を見て理屈抜きに反省をするようです。謝罪がポーズだけの可能性も考え「今度やったらSNSで知り合いに公表するよ」などお灸を据えておくといいかもしれません。

  • 【5】「ふざけんな!」と普段おとなしい彼女がブチ切れた

    「狂乱するほどのことをしてしまった」(20代男性)など、普段見せない形相にびっくりし、事の重大さを認識するようです。さらに「土下座して謝れ!」など、怒らせたら怖いことを男性の肝に銘じさせておくと、浮気以外でも怒らせないよう、日ごろから注意してくれるかもしれません。

  • 【6】「私に魅力がないせいだよね」と逆に謝られた

    「罪悪感でいっぱいになった」(10代男性)など男性は自分を責める彼女を見て、悲痛に感じるようです。本命の彼氏ならば「浮気心が起きないくらい、いい女になる!」など自分も努力すると伝えると「こんな素晴らしい女性はいない」と男性は改めて実感するかもしれません。

  • 【7】「信用していた自分がバカだった」と、トコトン失望された

    「寂しい気分になった」(20代男性)など、浮ついた自分の行動が、信頼関係を崩してしまったと凹む男性は多いようです。彼氏を嫌いになれないなら「チャンスは一回だけだよ」と釘を刺しつつ、救いの手を差し伸べてもいいかもしれません。

  • 【8】「別れる!!」とその場で三行半を突きつけられた

    「取り返しがつかないことをした」(20代男性)など、謝罪もできない状況に、なす術がなく失意に陥るパターンです。どうしても許せない場合は「あなたは私の人生の汚点」など、より強烈な捨て台詞で取りつく島を与えないようにしましょう。

  • 【9】「どんだけ辛かったと思ってんの?」と前から気づいて苦しんでいたことを知らされた

    「自分がダサすぎる」(30代男性)など、行動すべてがお見通しだったようなセリフに男性は、調子にのっていた自分を恥じるようです。「嘘つくとき右上に目線が泳ぐよね」など畳み掛けておくと、「完敗です」と彼女をだませないことを思い知るかもしれません。

ほかにも「浮気した男性が『もう二度とするまい』と猛反省した本命彼女の言動」はありますでしょうか。みなさまのご意見をお待ちしてます。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock