男性が見たら魅力的じゃない!? 女性が目指す「いき過ぎパーツ」9パターン


女性が目指す理想的な体型=男性が好む体型とは限りません。そこで『スゴレン』の男性読者に行った調査から見えてきた「男性が見たら魅力的じゃない!? 女性が目指す『いき過ぎパーツ』9パターン」をご紹介します。これをヒントに、自身のボディメイクを見直してみてください。

  • 【1】男性はムッチリ太めにそそられるのに、女性はどこまでも細さを追求したがる「太もも」

    「キリンのような脚には色気を感じない」(20代男性)など、女性の憧れとは裏腹に男性は細すぎる太ももに抵抗を覚えるようです。棒のように細いより、適度な筋肉のムチムチした脚に色気を感じるといった意見も多いので、ウォーキングなどで健康美脚を目指しましょう。

  • 【2】男性は適度な大きさに色気を感じるのに、女性は小さいのが理想の「ヒップ」

    「小尻だとセクシーさが半減」(30代男性)のように、女性の理想とは違って大きめのプリンとしたお尻が好みの男性も多いようです。コンプレックスのある人は逆手にとって、ピッタリしたパンツなどで丸みを強調してみましょう。

  • 【3】男性は形を気にするけれど、女性はサイズを重視しがちな「バスト」

    「大きくても垂れていたらちょっと…」(20代男性)と、胸の大きさよりも形を重視する男性もいるようです。サイズだけを気にするのではなく、大胸筋を鍛えるエクササイズなどでプルンと上向きのバストを目指すといいでしょう。

  • 【4】男性はぽっちゃりがかわいいと思うのに、女性は少しのムダなお肉でも気になる「おなか」

    「全然お肉がないよりも、プニプニしているほうがキュート」(30代男性)のように、軽く脂肪の乗ったおなかが好きな男性も少なくありません。とはいえ、ただのたるんだおなかはセクシーではありません。腹筋を引き締めるエクササイズなどで、健康的なおなかまわりを目指しましょう。

  • 【5】男性はタプタプさに惹かれるけれど、女性は引き締めたいと思う「二の腕」

    「プルプルした二の腕を見ると、柔らかそうで触りたくなる」(20代男性)など、女性が嫌うふくよかな二の腕を「女性らしさの象徴」と考える男性もいるようです。夏は不自然に長袖で隠すより、むしろ積極的に出したほうが、男性に好印象を与えられるかもしれません。

  • 【6】男性はふっくらした形が好きなのに、女性はシャープなラインを目指す「ほっぺ」

    「頬がこけていると神経質そうな印象がする」(10代男性)のように、シャープな小顔にいいイメージを持っていない男性もいるようです。ぽっちゃりしたほっぺをかわいいと思う男性も多いので、ニコニコ笑ってふっくらほっペの魅力をアピールするといいでしょう。

  • 【7】男性は細い足首とのギャップを求めるけれど、女性は筋肉のついた「ししゃも脚」を嫌う「ふくらはぎ」

    「足首の細さが強調されるので、ふくらはぎは太めのほうがいい」(20代男性)と、筋肉がしっかりついた「ししゃも脚」に好感を覚える男性もいるようです。ただし、ただの贅肉で太いだけだと魅力を感じさせないので、「つま先立ちエクササイズ」などで引き締めておきましょう。

  • 【8】男性は清潔感を重視するのに、女性は長いほうが魅力的と感じる「爪」

    「長い爪は不衛生な感じがする」(20代男性)など、女性と違って爪のオシャレに否定的な男性もいるようです。男性ウケを狙うなら過剰なネイルアートよりも短い爪&ヌードカラーなどナチュラルさが大事かもしれません。

  • 【9】男性は柔らかさに癒されるのに、女性はふっくらしたところにコンプレックスを感じる「手」

    「ふっくらした手のほうが、手をつないだときに気持ちいい」(20代男性)と、女性がマイナスに感じるぽちゃっとした手は男性からはむしろ高ポイントのようです。ただカサカサだと魅力が半減するので、手荒れ対策は忘れずに!

このほか、女性が目指しがちな「いき過ぎパーツ」にはどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(佐野勝大)
Photo:All images by iStock