単なる友達だとわかっていても、彼女の男友達にイラッとしてしまう瞬間9パターン


交際中の彼氏がいても、男友達との関係も大切です。ただし、男友達との関わり方を誤ると、彼氏を不快にさせることもあるようです。そこで、今回は『スゴレン』男性読者へのアンケートから、「単なる友達だとわかっていても、彼女の男友達にイラッとしてしまう瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】彼女になれなれしくボディタッチをしているのを見たとき

    「相手の男が嬉しそうだとよりムカつく」(20代男性)と、彼女と男友達が親しそうにしている様子を目の当たりにすることで、多くの男性は嫉妬心を抱くようです。彼氏の前でむやみにボディタッチをされないよう、男友達と距離を取ったほうがいいでしょう。

  • 【2】男友達が彼女のことを、苗字ではなく下の名前で呼び捨てにしたとき

    「女性を下の名前で呼ぶのは、彼氏の特権」(20代男性)など、名前の呼び方を二人の関係のバロメーターと考える男性もいるようです。逆に、彼女が男友達を呼び捨てにするのを嫌がる男性も多いようなので、男友達に声をかけるときは、苗字に「君」付けが好ましいでしょう。

  • 【3】彼女と男友達が自分にはわからない話題で盛り上がっているとき

    「邪魔するつもりはないが、せめて自分のいないところで」(30代男性)など、目の前に自分がいるのに、蚊帳の外に置かれるのは彼氏にとって嫌なことのようです。「わからない話でごめんね」などの一言を彼氏にかけるか、早めに会話を切り上げましょう。

  • 【4】彼女が男友達と二人だけで遊びに行った話を聞いたとき

    「せめて前もって報告してほしい」(20代男性)と、遊びに行くこと以上に「自分に黙っていたこと」に不信感を抱く男性が多いようです。男友達から食事に誘われたら、事前に彼氏に報告し、「遅くならないうちに帰るから」などと言って安心させてあげましょう。

  • 【5】「信頼できる友達だから」と、彼女が部屋に入れていたのを知ったとき

    「男が女性の部屋に入るときは、少なからず下心がある」(20代男性)など、そもそも女性の「信頼できる」という思い込みを、男性はあまり信じていないようです。男女混合グループならまだしも、遅い時間に男友達と自室に二人だけになるのは避けたほうがいいでしょう。

  • 【6】彼女が飲んでいるジュースのペットボトルに、口をつけて飲んだとき

    「間接キスを、当たり前にされるのはイヤ」(20代男性)など、自分以外の男性との回し飲みを気にする男性もいるようです。男友達に「少しちょうだい」と言われたら、グラスに注ぐなど、直接口をつけられないようにしましょう。

  • 【7】彼女と自分が二人で話しているのに、無理やり割って入ってきたとき

    「二人の時間を分断されるのは不愉快」(30代男性)と、大切な彼女とのひとときを邪魔されることに対し、嫌な気持ちになる男性は多いようです。彼氏と会話中に、男友達が割って入ってきたら、「彼氏とのデート話」などで、けん制するのも手かもしれません。

  • 【8】デート中、男友達からかかってきた電話を彼女がすぐに切らなかったとき

    「デートよりも電話の方が大事なの?」(20代男性)など、通話内容にかかわらず、自分が優先されないことに男性は不満を持つようです。よほど重要な要件でない限り、「デート中だから手短に」などと伝え、彼氏との時間を大切にする気持ちをアピールしましょう。

  • 【9】「●●君はすごく信頼できる」などと彼女が男友達を褒めたとき

    「じゃあ俺のことは信頼できないの?」(30代男性)など、彼女に自分以外の男性の魅力を語られることに嫌悪感を抱く男性は多いようです。彼氏との会話で男友達を褒めるときは、「もちろんあなたが一番だよ」など、フォローを忘れないようにしましょう。

彼氏が彼女の男友達についイラッとする瞬間は、ほかにどんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしています。(鼠入昌史/Office Ti+)
Photo:All images by iStock