だから彼氏が愛想を尽かす、「猫タイプ女子」の特徴9パターン


男子のなかには、気分屋で飽きっぽい「猫タイプ」の女子と付き合ってこりごりしたという人もいるようです。では、猫タイプのどんなところがダメなのでしょうか。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「だから彼氏が愛想を尽かす、『猫タイプ女子』の特徴9パターン」を紹介します。

  • 【1】「好き好き」と言っていたかと思うと、突然プイッとする

    「気分の変化に付いていけない」(20代男性)というように、そのときどきで自由奔放に振る舞う猫タイプの女子は、男子を振り回してしまうようです。普段いかに彼氏のことを好きか表現して信頼関係を築いておけば、多少の気まぐれも許してもらえそうです。

  • 【2】デートの約束をしていても気分次第でドタキャンする

    「こっちの予定まで狂うから勘弁してほしい」(20代男性)など、約束を守れない猫タイプの女子にお冠の男子もいるようです。ドタキャンの理由を彼氏に納得してもらえるよう、誠意をもって伝えましょう。ただしドタキャン回数があまりに多いと、理由はなんであれ信用を失うことも忘れずに。

  • 【3】こちらの都合はお構いなしでお願いごとをしてくる

    「自己チューの一言に尽きる!」(20代男性)と、世界は私で回っている的な猫タイプの女子にウンザリの男子もいるようです。「お願いがあるんだけど」と一言、前置きをするだけでも印象が変わるので、何か頼みたいときには「彼氏なんだからやってくれて当然」と思わず、低姿勢を心掛けましょう。

  • 【4】携帯電話を切ったままにしているなど、突然連絡が途絶えてしまう

    「心配させられてばっかり…」(20代男性)など、行動が気まぐれな猫タイプの女子にほとほと疲れている男子もいるようです。突然、プチ失踪したくなったとしても、「ちょっと一人になってくる」など、事前にメールを入れておけば、彼氏が「浮気してるかも…」なんてよけいな心配をせずにすみそうです。

  • 【5】いつも構うとうるさがるくせに、まったく構わないと不機嫌になる

    「ご機嫌伺いが大変で…」(10代男性)など、くるくると気分が変わる猫タイプの女子に翻弄されている男子もいるようです。「自分勝手なヤツ」という烙印を押される前に、男子の立場に立ってものを考えるクセをつけましょう。

  • 【6】時と場所を構わず、ベタベタと甘えたがる

    「あまりにも人の目に無頓着」(20代男性)と、マイペースで甘えてくる猫タイプの女子に、ヒヤヒヤしている男子もいるようです。彼氏の会社の上司や同僚と出くわしそうな場所などでは、相手の立場を考えて、ベタベタするのを控えるなどするとよさそうです。

  • 【7】言動に対して少しでも注意されるとムッとする

    「女王さまタイプだから…」(20代男性)というように、全てを自分の思い通りにしたい猫タイプの女子に対し、腫れ物に触るような思いでいる男子もいるようです。注意されるうちは愛されている証拠なので、たまには素直に意見を聞き入れないと、注意すらされないような冷えた仲になるかもしれません。

  • 【8】何かに夢中になっていたかと思うと、次の瞬間、別のことをしている

    「驚いてばかり」(20代男性)など、行動パターンの読めない猫タイプの女子に、男子はハラハラしているようです。その際、自分の世界に入り込むだけでなく、彼氏も巻き込めば、いつも新鮮な気持ちが続くかもしれません。

  • 【9】単独行動を好むので、普段何しているかが謎

    「よく言えばミステリアスだけど…」(20代男性)と、謎多き猫タイプの女子に、「理解不能!」と頭を抱えている男子もいるようです。「何してたの?」と聞かれたときに、きちんと答えておけば、隠し事があるわけではないとわかり、彼氏も安心しそうです。

ほかにも「自分の周りにいる厄介な、猫タイプ女子」の特徴があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock