サブカル好き文系男子が彼女に求めること9パターン


アートやカルチャーなどが好きな文系男子には、彼ら特有と言える女性の好みがあるようです。一体彼らはどんな女子を求めているのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「サブカル好き文系男子が彼女に求めること」をご紹介します。

  • 【1】自分の趣味を認めてほしい

    「趣味に生きてるから、認めてもらえないと正直辛い」(20代男性)など、趣味を大切にする文系男子は、自分の趣味を認めてくれる女子を探し求めているようです。サブカルに興味はなくても、「いい趣味だね」などと言って認めてあげてはいかがでしょうか。

  • 【2】互角に語り合えるくらいの共通の趣味を持ってほしい

    「彼女とはできればカルチャーの話がしたい」(20代男性)など、サブカル好きな男子は、自分と互角に語り合える女子を求めているようです。まずは男子の話によく耳を傾け、興味のあるものについてレクチャーを仰ぐと、喜んで教えてくれるかもしれません。

  • 【3】流行に流されず、自分のファッションを貫いてほしい

    「流行りに流される子はちょっと…」(20代男性)など、トレンドばかりを追いかけた没個性な服に文系男子からNGが出ました! 文系男子は独自のスタイルを大事するため、彼女にも同じく自分のスタイルを貫いてほしいと考えるようです。ミーハーな態度は控えたほうがいいかもしれません。

  • 【4】逆に自分の知らない体育会系の世界を見せてほしい

    「全然違うタイプの子と知り合って世界を広げたい」(20代男性)など、体育会系女子と仲良くなって、新しい世界を見たいと考える文系男子もいるようです。初心者でも比較的ハードルが低い、ルールが簡単なスポーツの観戦に誘うと、簡単に親しくなれるのではないでしょうか。

  • 【5】月に数冊は本やマンガを読んでほしい

    「全然カルチャーに興味のない子とは付き合えないと思う」(20代男性)など、本やマンガを読む習慣がまったくないと「自分とは合わない」と思われてしまうこともあるようです。好みを合わせる必要はありませんが、教養のためにも本を読む習慣をつけましょう。

  • 【6】映画は話題作だけでもカバーしてほしい

    「映画を観るのが苦手な子とはデートもできないよ(苦笑)」(20代男性)など、映画に思い入れのある文系男子は、話題作だけでも鑑賞してほしいと考えるようです。たとえ観ている本数は少なくても、好きな映画について語れれば話が弾むのではないでしょうか。

  • 【7】どんなカルチャーに対しても拒否反応を示さないでほしい

    「実は古典芸能も好き。頭から『ムリ』って言われると寂しいな」(20代男性)など、カバー範囲の広い文系男子は、特定のカルチャーに拒否反応を示されることを恐れるようです。自分の世界を広げるチャンスと思って、一度は鑑賞してみましょう。

  • 【8】ロマンチストな自分を笑わないでほしい

    「バカにされたら傷つく(泣)」(20代男性)など、自分のロマンチストな部分を自覚している文系男子は、女子から失笑されることを怖がっているようです。文系男子から意外な甘いセリフが飛び出しても、うかつに笑ったりしないよう気をつけましょう。

  • 【9】ひとくくりに「オタク」と思わないでほしい

    「カルチャー好きなだけでオタクじゃないよ!」(20代男性)など、趣味に熱中している自分を自己弁護する男性もいます。オタクの持つ世間のマイナスイメージを知っているため、一緒にされるのが嫌なのでしょう。「オタクだねー」などと軽はずみな発言をして、男性を傷つけないようにしましょう。

ほかにも「文系男子はこんな女子を求めている」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock