彼女が「他人」から「家族みたいな存在」になったと実感した瞬間9パターン


カップルにとって永遠に恋人気分でいられることは理想ですが、恋人から家族へと愛の形が変わることも、長く交際を続けるうえでは重要なようです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考にして、「彼女が『他人』から『家族みたいな存在』になったと実感した瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】一緒にいる時間が長いせいか、思考回路が一緒のとき

    「長くいるからだなぁとつくづく思う」(30代男性)など発想の一致が感じられたときに、長い時間を共有している幸せを実感するケースです。「似てきたね」などと嬉しがると、男性がその絆を再認識し、これからもあなたを大切にしようと思うのではないでしょうか。

  • 【2】相手の実家や自分の実家で夕飯を家族と一緒に食べているとき

    「家族と楽しくご飯を食べている彼女をみると嬉しい」(20代男性)など彼女が自分の家族と自然と馴染んでいる様子が微笑ましいようです。「お母さん、とてもいい人だね」など男性にとってかけがえのない家族を褒めると、「早く仲間入りさせたい」と思ってくれるかもしれません。

  • 【3】自分が無理に気を遣わずに素でいられるとき

    「気がついたら何でも言えていた」(20代男性)など喜怒哀楽をそのまま表現できる相手に家族のような安心感を抱くようです。ただし、なあなあな関係になりたくないなら、男性が八つ当たりをしたときなどには、「アナタのお母さんじゃないの!」と一喝することも必要かもしれません。

  • 【4】彼女の両親に交際の挨拶をしたとき

    「責任を背負った気がした」(20代男性)など「守る存在」ができたことで一家の大黒柱を自覚するパターンです。「あなたにならずっとついていきたい」など男性の自尊心を掻き立てると、より「コイツのために頑張ろう」と意気込む男性は多いでしょう。

  • 【5】彼女が自分のまえで堂々とオナラをしたとき

    「オイ! と思いつつも気を許してくれているのは嬉しい」(20代男性)など、一見すると失態が、男性にとってはむしろ「特別感」になることもあるようです。ただし、オナラをしたあと涼しい顔をしていると、女性としての神経を疑われそうです。「ごめーん!!」と照れた態度で謝る事は忘れずに。

  • 【6】嫌いな食べ物が彼女の影響でほとんど克服されたとき

    「食わず嫌いだと分かった」(30代男性)など、彼女の手料理やオススメ調理法がきっかけで食の世界が広がったパターンです。彼に感謝の言葉をもらったときは「もっと美味しいもの作ってあげるよ」などと胃袋を掴んで離さない努力をすれば「結婚」を強く意識する男性は多いでしょう。

  • 【7】友達の結婚式に彼女もペアで招待されたとき

    「周りからも認められている感が嬉しい」(30代男性)など、世間から見た二人の関係に絆を感じるパターンです。結婚をしたい相手であれば「私たちも祝福されたいね!」などとアピールしてみると、幸せムードに押されて真剣に考え始めてくれるかもしれません。

  • 【8】お給料の内訳などお金の話を具体的にできたとき

    「将来を真剣に考えている相手にしか言えない」(20代男性)など、男性が自分の収入を彼女に伝えるのは、「家計をやりくりする努力をしてくれそう」と女性を心から信頼できた証拠のようです。数字に弱くても「全然わかんない」と投げやりにならず家計簿をつける練習をしておくと、男性は結婚話を先に進めたがるかもしれません。

  • 【9】店員さんなどに彼女が「奥様」と呼ばれたとき

    「その不意打ちにドキっとする」(20代男性)など、急に「夫婦」を連想させる呼び名に意識が高まるケースです。「奥様っていいねっ」など嬉しそうに伝えると「その夢かなえたろ!!」と意気込む男性は多いかもしれません。

ほかにも「彼女が『他人』から『家族みたいな存在』になったと実感した瞬間」があれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock