女友達の恋愛を「何がなんでも応援したい!」と思うとき9パターン


女性にとって恋愛と並んで大切なのが友達。その友達から恋愛の悩みを聞かされて、「ふーん」と思うか「応援する!」と思うかは、その時々の状況によって変わってくるようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「女友達の恋愛を『何がなんでも応援したい!』と思うとき9パターン」をご紹介します。

  • 【1】自分だけに恋愛の悩みを打ち明けてくれたとき

    「その信頼に応えなきゃ!」(20代女性)など、数いる友達のなかから「自分だけが相談された」という特別感で、友達を応援したくなる女性は多いようです。気軽には口にできない秘めた思いほど、人を動かす力をもつのかもしれません。

  • 【2】シャイな友達が珍しく積極的にアプローチしているとき

    「これは本気だってわかるから」(10代女性)など、奥手な友人が頑張って自分から動いている姿を見て、心を打たれる女性も多いようです。ただ待つだけの恋愛スタンスだと、周囲としても応援しようがないとも言えそうです。

  • 【3】「彼のことがどれだけ好きか」を情熱的に語られたとき

    「話を聞くほど友達に感情移入する」(20代女性)など、好きな男性についての話をじっくり聞いているうちに、自分のことのような気持ちになる女性もいるようです。ただし、一方的にその話ばかり聞かされ続けると、そのうちうんざりしてしまいそうです。

  • 【4】長い間ひとりの男性を想い続けていることを知ったとき

    「一途な恋愛ってやっぱり応援したくなる」(20代女性)など、一人の男性をずっと思い続ける一途さに感動し、応援することを決める女性も多いようです。反対に次々心変わりする「恋多き女性」の場合は、応援しがいがあまりないかもしれません。

  • 【5】自分の境遇とよく似たシチュエーションだったとき

    「上手くいかない理由が自分と同じ場合、悩みを共有できる」(20代女性)など、友達の「恋の悩み」と自分の悩みが重なった場合、同志として一緒に努力する女性もいるようです。どちらかが悩みを乗り越えれば、その方法を参考にできそうです。

  • 【6】自分の嫌いな女性も、友達と同じ男性に恋していると知ったとき

    「ライバルを蹴落として幸せを掴んでほしい」(10代女性)など、友達の幸せに協力しつつ、嫌いな女性の不幸をひっそり願うという一石二鳥的な思いで動く女性もいるようです。ただし、個人的な人間関係を友達の恋愛に絡ませるのは、友達にとってはあまり嬉しくないかもしれません。

  • 【7】相手の男性が「彼女にピッタリかも!」と思えたとき

    「相手が良い人だとわかってて、お似合いだと思えば応援する」(20代女性)など、相手の男性次第で応援するかどうかを決める女性も多いようです。「相手がただのチャラ男だったらそれとなく反対する」(10代女性)など、友情ゆえのシビアな判断がありそうです。

  • 【8】めったに恋をしない友達が、「実は気になる人が…」と打ち明けてくれたとき

    「普段浮いた話がない友達の恋愛相談は、こっちも本気で聞く」(20代女性)など、あまり恋愛に縁のない女友達からの相談は、聞く側の女性もテンションが高まるようです。貴重な機会を活かせるように、しっかりと話を聞きたいところです。

  • 【9】当人が気づいていないだけで、どう考えても両思いなとき

    「はたから見ていて両思いにしか思えない場合は、背中を押してあげる」(10代女性)など、明らかに上手く行きそうなケースなら安心して応援できる女性は多いようです。その根拠を本人に教えてあげるだけで、自然とよい方向に進みそうです。

ほかにも、「女友達の恋愛を『何がなんでも応援したい!』と思うとき」があれば教えてください。ご意見をお待ちしております。(呉琢磨)
Photo:All images by iStock