「俺、愛されてるなぁ」とニヤケが止まらない彼女の行動9パターン


彼氏への愛情を「言葉では伝えきれない」ともどかしく感じている女性もいるかもしれませんが、男性は日々のふとした瞬間にその愛を感じているようです。今回はスゴレンの男性読者のアンケートを元に「『俺、愛されてるなぁ』とニヤケが止まらない彼女の行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】朝起きたら朝ごはんが用意してあるなど手料理を振舞ってくれるとき

    「実家にいるような安心感がある」(20代男性)など、自分より早起きをして朝ご飯を作ってくれることに母親のような無償の愛を感じるようです。ここぞとばかりの気合いの入った手料理よりも普段作りなれている家庭料理のほうが、その安心感に喜ぶ男性は多いでしょう。

  • 【2】疲れているときにマッサージをしてくれるとき

    「癒してくれて嬉しい!」(30代男性)など、彼女がマッサージをしてくれると「俺の身体を考えてくれている」と感激するようです。ちょっとした表情の変化にも体調を察して「疲れてるんじゃない?」と肩を揉んであげるなどすると、男性はその気遣いに虜になるかもしれません。

  • 【3】電話の終わりに「早く会いたいなぁ」と言ってくれるとき

    「本当に俺のこと好きなんだなと思う」(20代男性)など、「会いたい」イコール「好きの最高潮」発言と受け止める男性は多いようです。仕事などでどうしても長い期間会えないときは「夢の中に会いに行くからね」などと伝えると男性のテンションが上がり、次のデートがより盛り上がるかもしれません。

  • 【4】特に用事はないけど「声が聞きたかった」と連絡をくれるとき

    「自分が必要とされているようで素直に嬉しい」(10代男性)など 自分の声を聞いて喜ぶ彼女に、キュンとなる男性は多いようです。ただし、毎日のように言うと信憑性が薄れるので、ここぞというときに言ってみると男性は抱きしめたくなるほどグッとくるかもしれません。

  • 【5】誕生日や記念日にサプライズな演出をしてくれるとき

    「無条件に嬉しい!!」(20代男性)など 自分を喜ばせようと一生懸命準備をしてくれる彼女の健気な姿に愛情を感じるケースです。日常から彼が「欲しい」と言っているものなどを見落とさないようにアンテナを張っていると、いざというときに最高の演出ができるでしょう。

  • 【6】出張帰りに駅まで迎えに来てくれるとき

    「自分も眠いだろうに、とてもありがたい」(20代男性)など、早起きもいとわずに駅に迎えに来てくれる彼女に、男性は「1秒でも早く会いたい」気持ちを感じてグッとくるようです。普段も彼が仕事から帰ってきたときには、自分が疲れていても笑顔で迎えるなどすると、その安心感に手放したくなくなる男性は多いかもしれません。

  • 【7】風邪をひいたときに夜通し看病をしてくれたとき

    「自分が弱っているせいかすごく心強かった」(20代男性)など、心の支えが必要なときにしっかりサポートしてくれることに男性は安堵感を覚えるようです。結婚を考える相手には全身全霊で看病してあげると、「家族」になることを意識してくれるかもしれません。

  • 【8】弱音に対し、あえて厳しい意見を言ってくれるとき

    「自分のことを本気で考えてくれているんだなと思う」(30代男性)など、彼女が耳の痛いこともあえて言ってくれるのは、自分を思ってのことだと判断する男性もいます。ときには叱咤激励することで、お互い成長できる関係になれるかもしれません。

  • 【9】度が過ぎない束縛や焼きもちをやいてくれたとき

    「気にしてくれているのは単純に嬉しい」(20代男性)など自分のことを気にかけているかどうかで愛情を計るパターンです。ただし、あまりに強い束縛は「めんどくさい女」のレッテルが貼られる可能性が高いので注意しましょう。

ほかにも「『俺、愛されてるなぁ』とニヤケが止まらない彼女の行動」はありますでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock