女子から誘われても「本当はデートで行きたくないお店」9パターン


「好きな女子から誘われたら、どこでも行く!」という男子は多そうですが、行き先によっては及び腰になってしまうこともあるようです。では、どんな場所が男子に不評なのでしょう。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「女子から誘われても『本当はデートで行きたくないお店』9パターン」を紹介します。

  • 【1】スイーツビュッフェなど、「メシ」が全くないレストラン

    「米を出してくれー!」(10代男性)など、腹ペコ男子の心の叫びが聞こえてきそうなお店のチョイスです。また、年齢が高めの男子なら「胸焼けが…」(30代男性)と体調的にも厳しそうなので、デートにはメニューに選択肢の多いお店を選ぶのがよいでしょう。

  • 【2】見渡す限り異性だらけの、女子率90%超えのカフェ

    「恥ずかしい…」(20代男性)というように、異性に囲まれてしまうと落ち着きを失ってしまう男子もいるようです。自分だけに気持ちを集中してもらい、ふたりの時間を充実させるためにも、女子オーラ全開の場所は控えたほうがよさそうです。

  • 【3】明らかに身分不相応の、ドレスコードがある超高級レストラン

    「食事マナーとか、振る舞い方とか、ヤベェ…」(20代男性)など、ハイソなお店は、男子をビビらせ、緊張させてしまうようです。グレードの高いお店に行きたいときには、「大人の雰囲気のお店に行きたい」などと言って、男子に任せてみてはどうでしょう。

  • 【4】メニューに「時価」と書いてある、会計が全く想像できないお寿司屋さん

    「誰が払うの…?」(30代男性)など、男子にお財布の中身を心配させてしまいそうなお店です。「今日は臨時収入があったからお勘定は任せといて!」と言えば、男子も内心冷や汗をかくことなく、「いっちょ行ってみるか!」と弾んだ声で返事をしてくれるかもしれません。

  • 【5】お酒の種類がやたらと多く、知識がないのがバレてしまうバー

    「格好悪いところは見せたくない」(20代男性)と、お酒の知識の有無は「男のプライド」にもかかわる問題のようです。男子の目が泳いでいたら、「おすすめのお酒を聞いてみようよ」「お酒の勉強を始めたから私に選ばせて」などとフォローすると、顔を潰さずにすみそうです。

  • 【6】女子好みど真ん中だけど、会社関係者や悪友が常連のお店

    「変に冷やかされたくないから」(30代男性)など、知り合いが多いお店は避けたいと思う男子もいるようです。「私と一緒のところを人に見られたくないの?」とキーッとならず、相手の立場を重んじれば、気遣いができる子だと思ってもらえるでしょう。

  • 【7】マスターや店員がやたらと馴れ馴れしい、女子の行きつけのカフェバー

    「ふたりにしてくれよー」(20代男性)と思わず、男子の口から愚痴がこぼれそうな行き先です。「今日はデートだから邪魔しないでね」とお店の人に言えば、男子は疎外感や居心地の悪さを感じることもなく、「君のおすすめは?」など、会話も弾みそうです。

  • 【8】値段が高いだけで料理が不味い、創作料理系のオシャレなお店

    「雰囲気がよくても料理がおいしくなきゃ」(20代男性)と、見かけ倒しのお店は男子をガッカリさせてしまいそうです。こんなときは「ずっと、あなたと来てみたかったの」と甘いトークを繰り広げれば、男子は機嫌よく食事をしてくれ味など気にしなくなるかもしれません。

  • 【9】アニメカフェなど、自分の趣味ではないマニア向けのお店

    「ありえないでしょ」(10代男性)など、男子がドン引きしそうなお店です。ふたりの関係が深まる前なら「私の趣味をわかってほしい」という押し付けは我慢して、まずは相手の趣味に合うお店や共通の好みのお店を探して仲よくなるのが先決かもしれません。

ほかにも「デートで行ったら男子に不評だったお店」があれば教えてください。みなさんのご意見をお待ちしています。(橘しげる)
Photo:All images by iStock