合コンで「女性がコレを読んでたら知的でいいな」と男性が思う「小説家」9パターン


「趣味は読書」と言うだけでも、知的な雰囲気が漂うものです。では、どんな作家を読んでいると、男心をつかみやすいのでしょうか。『スゴレン』男性読者の意見をもとに「『女性がコレを読んでたら知的でいいな』と男性が思う『小説家』」を紹介します。

  • 【1】独自の世界観にファンが多い「村上春樹」

    「伏線が多いから洞察力が鋭そう」(10代男性)というように、伏線が絡み合う『ノルウェイの森』などの代表作がある「村上春樹」が好きな女性に、輝く知性を感じるようです。とにかくファンが多い作家なので、村上作品を読んだことがない人は1冊くらい読んでおくと、男性との話題に困ったとき役に立つかもしれません。

  • 【2】本格ミステリーからファンタジーまで「宮部みゆき」

    「話題が豊富で話しやすそう」(20代男性)というように、さまざまなジャンルが揃う「宮部みゆき」作品を読んでいると、男性が話しかけやすいようです。『模倣犯』などの映画化作品も見ておくと、本に興味がない男性との共通の話題にもできるでしょう。

  • 【3】誰もが知る近代小説の父「夏目漱石」

    「読書が苦手だから、純文学を読む子は尊敬する」(10代男性)というように、近代文学を読む女性は、活字が苦手な男性には憧れの対象となるようです。『羅生門』の「芥川龍之介」や日本初のノーベル文学賞作家「川端康成」など、名の知れた文豪であれば同様の効果が期待できそうです。

  • 【4】世界的ベストセラーを産んだミステリーの女王「アガサ・クリスティ」

    「ミステリー好きな人って物知りそう」(30代男性)というように、『名探偵ポアロ』シリーズで知られる「アガサ・クリスティ」などのミステリーを好む女性に、博識な印象を抱く男性もいます。本を読むときにメガネをかけると、より知的な印象になるでしょう。

  • 【5】独特なオカルト系推理小説を生み出した「京極夏彦」

    「作中によく出てくるうんちくが好きそう」(30代男性)と、推理小説にオカルトを織り込んだ『百鬼夜行』シリーズが人気の「京極夏彦」作品を読む女性を、男性は雑学好きだと感じるようです。小説で蓄えた雑学を披露すると、「おもしろい子だ」と男性が興味を持ってくれるかもしれません。

  • 【6】今も語り継がれる名作を残した「シェークスピア」

    「持ってるだけでカッコイイ」(20代男性)というように、「シェークスピア」などの古典作品を読む女性を、尊敬の眼差しで見る男性もいます。『ハムレット』などは演劇もよく上演されているので、「一緒に行こう」と男性をデートに誘ってはいかがでしょう。

  • 【7】コメディ要素を含んだサスペンスで話題に「東川篤哉」

    「本の話で一緒に盛り上がれる」(40代男性)と、男性にもファンが多い「東川篤哉」作品で語り合いたい男性もいます。ドラマ化された『謎解きはディナーのあとで』を読んでいれば、「それ知ってる」と男性が話しかけてくれるかもしれません。

  • 【8】爽やかで飾らない作風が人気の「有川浩」

    「恋愛小説を読む子って文学少女っぽくていい」(20代男性)というように、恋愛モノをマンガや映画でなく小説で読む女性に、男性は図書館にいそうな素朴さと賢さを感じるようです。代表作『図書館戦争』は恋愛あり戦闘ありで、男性との共通の話題にもしやすそうです。

  • 【9】現代人の心の機微をリアルに描く「飛鳥井千砂」

    「落ち着いた大人な女性っぽい」(20代男性)と、『タイニー・タイニー・ハッピー』など繊細な人間関係を描く「飛鳥井千砂」作品を読む女性に、穏やかさを感じる男性もいます。人の弱さを知っているからこそ共感できる話も多いので、深い人間性を感じさせるのかもしれません。

合コンで「『女性がコレを読んでたら知的でいいな』と男性が思う『小説家』」には、ほかに誰がいると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)
Photo:All images by iStock