女々しいと思いつつも好きな女性にしてしまう「恋の駆け引き」9パターン


「恋の駆け引き」は恋愛を成就させるための重要なテクニックのひとつです。本気で好きな相手には、男性もつい「駆け引き」をしてしまうことがあるようです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者に行ったアンケートを参考に、「女々しいと思いつつも好きな女性にしてしまう『恋の駆け引き』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「待ってました!」と思われないよう、メールの返信を遅らせる

    「ヒマなのかなと思われたくない」(20代男性)など、仕事そっちのけでメールを待ちわびていると思われないための対策のようです。ただし、男性からの返事が1日後など遅すぎる場合は、単に後回しにされている可能性があるので注意したほうがよさそうです。

  • 【2】「私以外と仲良くするなんて」と嫉妬させるために他の女性との絡みを増やす

    「とにかく気にさせたい!!」(20代男性)など、他の女性との仲を見せつけて、やきもきさせる作戦のようです。気になる男性には「ちょっと嫉妬っ!」とアピールしてみると、男性は「俺のこと好きかも」と安心して積極的にアプローチしてきてくれるかもしれません。

  • 【3】「私のこと好きでしょ」と思われないよう、そっけない態度をとる

    「追いかけてきて欲しい」(30代男性)など、女性より優位に立つために冷たい態度を取る男性もいるようです。あまりにもぶっきらぼうな場合は「冷たくしないで」などと素直に訴えてみると、そのいじらしさに心を奪われる男性は多いでしょう。

  • 【4】「他の人に取られるかも…」と焦らせるために他の子から告白された話をする

    「慌てて告白してきて欲しい」(20代男性)など、女性からの積極的なアプローチを引き出すための行動のようです。「その子のこと好きなの?」と心配そうに聞いてみると「好きなのはキミだよ」とハッピーな回答が得られるかもしれません。

  • 【5】「何でも言う事を聞く」と思われないよう、女性の意見に逆らう

    「バカにされたくないから」(20代男性)など、「パシリ」のような関係を危惧した男性なりの作戦のようです。スイーツ専門店など女性好みな場所に一緒に行ってくれない程度なら、「好みの問題」と割り切って「私のこと嫌いかも」など悲観的にならなくてもよさそうです。

  • 【6】「もう飽きた?」と不安がらせるため、デートに誘いまくっていたのをピタリと止める

    「追いかけてくるのを期待」(30代男性)など、「押したら引く」という駆け引きの定番です。あまりにも極端な態度の変化には「駆け引きしてる?」などストレートに真意を聞いてみると、「女々しかったな」と反省する男性は多いでしょう。

  • 【7】「すごく乗り気だ」と思われないよう、デートプランを相手に任せる

    「自分のほうが好き度が高いと思われたくないから」(10代男性)など、相手に余裕を持たれないようにする作戦のようです。デート中も心ここにあらずな態度の場合は「私に興味ないんだね」などと悲しむと、そっと抱きしめてくれるかもしれません。

  • 【8】他の予定があるフリをするため、デートの帰り道にあえて途中下車をする

    「人気者だと思われたいから」(20代男性)など、「他の女性も狙っているかも」と相手の不安を掻き立てたいようです。心配になったときは「私も行きたい!」と言ってみると、その無邪気さに男性がキュンとする可能性もあるでしょう。

  • 【9】大好きだと悟られないよう、すごく会いたいのに相手が誘ってくるまで誘わない

    「相手の気持ちを確かめるため」(20代男性)など、「好きなら誘ってくるはず」と自分への好意を確認するための戦略です。好きな男性には「忙しいかも」などと遠慮するより、自分からドンドン誘ってみたほうがムダに悩まずにすむかもしれません。

ほかに「女々しいと思いつつも好きな女性にしてしまう『恋の駆け引き』」はどんなものがあるでしょうか。皆様のご意見をお待ちしております。(富岡由郁子)
Photo:All images by iStock